後悔しない車選びをしよう!

車の納期や値引き、長所、欠点、メリット、デメリットを紹介します

>>あなたの愛車、今いくら?最短30秒で完了!無料査定

今、買取相場が上がっています。高く売るなら、今がチャンスです。

【ホンダ ヴェゼル】おすすめオプション、人気オプションを紹介。いらないオプションは?メーカーオプション、ディーラーオプションそれぞれ

スポンサーリンク


2022年7月13日更新

2021年4月に発売された新型ヴェゼルには、さまざまなオプションが設定されています。


新型ヴェゼル


快適なカーライフを送るためには、どのようなオプションを選択すればよいのか。

また、どのオプションは社外品でも良いのか。


ここでは、新型ヴェゼル(2021年モデル)のおすすめオプション、社外品でも良いオプションを紹介します。

ヴェゼルおすすめオプション その1:Honda CONNECTディスプレー

Honda CONNECT ディスプレー+リヤワイドカメラ+ETC2.0車載器+ワイヤレス充電器のセットオプションです。


Honda CONNECTディスプレーという名前ですが、ディスプレイオーディオだけではなく、カーナビ機能も含まれています。


22万円のオプションですが、9インチのカーナビと、リヤカメラ、ETC車載器がついてくると思えば、それほど高くありません。


新型ヴェゼルに関しては、カーナビはメーカーオプションを選択することをおすすめします。


Honda CONNECT ディスプレーは、メーカーオプションです。

スポンサーリンク



ヴェゼルおすすめオプション その2:フロントグリル

新型ヴェゼルは、純正の状態だと、フロントグリルがボディと同色で、あまり目立たないデザインとなっています。


そのため、オプションで存在感のあるフロントグリルが人気となっています。


新型ヴェゼルのフロントグリルは、クロームメッキと、グロッシーカッパーの2種類が用意されています。


価格は、クロームメッキが41,250円、グロッシーカッパーが44,550円です。


フロントグリルは、ディーラーオプションです。


ヴェゼルおすすめオプション その3:アドバンスドルームミラー


アドバンスドルームミラーとは、車両後方に設置されたカメラの映像を、そのままルームミラーに表示することができるものです。


後部座席に人を乗せたり、大きな荷物を乗せたりしても後方の視界が遮られることがないので、3人以上で使うことが多い方、大きな荷物を載せることが多い方におすすめです。


アドバンスドルームミラーの価格は、64,900円です。


アドバンスドルームミラーは、メーカーオプションです。

スポンサーリンク



ヴェゼルおすすめオプション その4:フロアマット

フロアマットは、社外品が多く出回っていますが、安いものは薄かったり品質が悪かったりと、基本的には値段なりです。


純正品と同程度の厚さ、品質のものは、社外品でもそれほど価格は変わりませんし、値引きを考えると純正品の方が安くなることもあります。


商談の最後のひと押しとして、フロアマットを付けてもらったら今決めます。といえば、サービスしてもらえることも多いオプションです。


フロアマットは、スタンダードが28,600円、消臭/抗菌加工のものが42,900円ですが、スタンダードで十分です。


フロアマットは、ディーラーオプションです。


ヴェゼルおすすめオプション その5:マルチビューカメラシステム

マルチビューカメラシステム+プレミアムオーディオのセットオプションです。


なぜセットなのか・・・。と思うところですが、セットオプションになっています。


さらに、このオプションを装着するためには、Honda CONNECT ディスプレー+ETC2.0車載器+ワイヤレス充電器も選択しないといけません。


分割で選択できないのは残念なところですが、車を上から見下ろした映像を表示できるマルチビューカメラシステムは、運転が苦手な方には強い味方です。


マルチビューカメラシステム+プレミアムオーディオは、127,600円です。



マルチビューカメラシステム+プレミアムオーディオは、メーカーオプションです。

スポンサーリンク



ヴェゼルおすすめオプション その6:プレミアムオーディオ

プレミアムオーディオは、ヴェゼルに最適化されたパイオニアのアンプと、10個のスピーカーで、臨場感のある音楽を楽しめるようになっています。


音質に少しでもこだわりのある方は、選択することをおすすめします。


プレミアムオーディオについては、こちらのページで詳しく紹介しています。

kurucomi.hatenablog.com


ヴェゼルおすすめオプション その7:ドライブレコーダー

今や必需品ともいえる、ドライブレコーダーですが、純正オプションでもいくつか用意されています。


純正のドライブレコーダーは、シガーソケットから電源を取るタイプではなく、配線から電源を取るタイプです。

シガーソケットから電源を取るタイプよりは少し高いですが、同様に配線から電源を取るタイプの社外品と比べれば似たような価格であり、純正オプションで購入したほうが安定した動作が期待できるといったメリットがあるので、純正品を購入することをおすすめします。


純正ドライブレコーダーは、フロント用は27,500円~あります。


ドライブレコーダーは、ディーラーオプションです。



基本的に、メーカーオプションは後付けできません。ディーラーオプションは後付け可能です。


メーカーオプションは、迷ったら付けておくことをおすすめします。ディーラーオプションは、迷ったらとりあえずつけないことをおすすめします。


まとめ

ヴェゼルは、メーカーオプションの種類が比較的少なく、これはいらないだろう。というセットオプションなどはありません。


必要なオプションを見極めて、後悔のないようにしたいですね。


新型ヴェゼル購入の前に

クルマを売るなら、一括査定を使わないともったいないです。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪


下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分、こういったオプションをつけることができるかもしれません。

スポンサーリンク