クルマのクチコミ

車の値引き、口コミ、評判、長所、短所、メリット、デメリットを詳しく紹介します

>>あなたの愛車、今いくら?最短30秒で完了!無料査定

【2022年8月】ヤリスクロス 値引き/納期最新情報。納期遅れは?値引き相場、値引き交渉術、限界額を紹介。ガソリン車、ハイブリッド車それぞれ

スポンサーリンク


2022年8月1日更新

お買い得な価格設定で、大人気となっている、ヤリスクロス。

ヤリスクロスの納期はどれくらいかかるのか。どれくらいまで値引きができるのか。気になりますよね。


ここでは、ヤリスクロスの納期最新情報と、値引きについての情報を紹介します。

ヤリスクロスの納期最新情報

2022年8月の、ヤリスクロスの納期は、ガソリン車は8~9ヶ月、ハイブリッド車は約9~10ヶ月となっています。


トヨタの工場出荷時期目処のページでは、ガソリン車、ハイブリッド車ともに6ヶ月以上となっています。



発売当初は、上位グレード、Zの納期が長い傾向にありましたが、現在は、グレード間の納期の差は、それほどなくなってきました。


トヨタは、2022年に入ってもヤリスクロスを生産しているトヨタ自動車東日本の工場の稼働を一時停止することを発表しています。

今後の状況によっては、納期がさらに長くなる可能性も十分に考えられます。


長い納期を待てない方は

長い納期を待てない方は、中古車を探してみましょう。

中古車といっても、未使用車など、新車同様の綺麗な車もあります。

ヤリスクロスは、納期が長く、中古車も人気なため、ネットに掲載される前に売れてしまうことが多いです。


↓のリンクから、納期の短い中古車を探すことができます。

>>納期の短い中古車を探してみる

未使用車や、走行距離○○km以下など、希望に合ったクルマを探してもらうことができます。

探してもらうだけなら無料です。

スポンサーリンク



ヤリスクロスの値引き相場、値引き限界額

ヤリスクロスの値引き相場(ライバル車との競合をそれほど頑張らなくても引き出せる値引き額)は、車両本体価格から、5~10万円程度です。



ヤリスクロス、2022年8月の値引き目標は、

車両本体価格からの値引きは、20万円です。


オプションからの値引きは、オプション価格の2割です。


ヤリスクロスは、人気の新型車にしては比較的大きな値引きを引き出すことができる車です。


それでは、具体的にどうやって値引きを拡大させていくのか、値引き交渉術を紹介します。


値引き交渉術:トヨタディーラー同士の競合が有効

ヤリスクロスの値引きを拡大させるには、トヨタディーラー同士の競合が有効です。


ヤリスクロスは、トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店全てで販売されています。


ヴィッツの時代から販売しているネッツ店が一番積極的なことが多いので、ネッツ店を軸として、他の店舗を競合させる方法がおすすめです。


1.ネッツ店で見積もりを取る

2.トヨタ店に、ネッツ店の見積もりを持って値引き交渉をする

3.ネッツ店に、トヨタ店の見積もりを持って値引き交渉をする

4.もう一度トヨタ店の見積もりを持って値引き交渉をする

5.最後にネッツ店の見積もりを持って値引き交渉をする

これくらいで、おおむね最大値引きを獲得することができます。


2.のトヨタ店は、カローラ店でも、トヨペット店でも構いません。


あと数万円のひと押しがほしい時は、他のチャネルの店(最初にトヨタ店と競合させた場合は、カローラ店かトヨペット店)に行き、もう一度交渉をしてみましょう。


ライバル車との競合はやりづらい

大きな値引きを獲得するにあたって、普通は、ライバル車と見積もりを比較して競合させるものです。


ただ、ヤリスクロスは、ライバル車との競合がとてもさせずらい車です。


本当なら、日産・キックスやホンダ・ヴェゼルが格好のライバルになるはずだったのですが、ヤリスクロスの価格設定が思いの外安かったため、元々の価格設定に数十万円の差があります。


そのため、キックスやヴェゼルの値引き交渉にヤリスクロスを使うことはできても、ヤリスクロスの値引き交渉にキックスやヴェゼルは使いづらいのです。


今の車を高く売ることも大切

少しでも大きな値引きを引き出すことも大切ですが、特に新型ヤリスクロスはフルモデルチェンジ直後で、それほど大幅な値引きは期待できません。


むしろ、値引き交渉を頑張るよりも今の車を高く売ることの方が大切です。



新車を購入する時は、今乗っている車をディーラーに下取りしてもらうのが普通ですよね。


この下取りがクセモノで、買取業者に売るよりも安くしか下取りしてもらえないことが多いんです。


買取業者に車を売ったことがない方は、一度査定をしてみると下取り価格との差に驚くと思います。



買取業者の査定額をディーラーに提示して、買取業者の査定額と同等の下取り額を出してくれるのであれば、ディーラーに下取りをしてもらった方が、新車の受け取りと同時に引き渡すことができるので、楽なのですが、多くの場合、金額には開きがあります。


ディーラーがはじめに提示する下取り額は低めの金額を出すのがお決まりなので、買取業者に査定をしてもらっておいて、「買取業者で○○円になると言われた」と言えば、下取り額が10万円単位で上がることもめずらしくありません。


それでも買取業者とディーラー下取りの価格差が大きいのであれば、多少手間をかけてでも買取業者に売却するべきです。


少しでも車を高く売るには、一括査定を利用することです。

>>最短30秒で入力完了!愛車の一括査定

スポンサーリンク



ヤリスクロス、各グレードの装備

ヤリスクロス、各グレードの装備を紹介します。

ヤリスクロスXグレードの装備

・16インチスチールホイール+ホイールキャップ
・ハロゲンヘッドランプ
・ヘッドレスト一体型シート
・ファブリックシート
・ウレタンステアリングホイール
・マニュアルエアコン
・スマートキー
・7インチディスプレイオーディオ
・4.2インチマルチインフォメーションディスプレイ
・6:4分割可倒式リヤシート
・2スピーカー
・トヨタセーフティセンス


ヤリスクロスGグレードの装備

・16インチタイヤ+アルミホイール
・ドア下モールディング
・スーパーUV&IRカットフロントドアガラス
・上級ファブリックフロントシート
・本革巻ステアリングホイール
・本革巻シフトノブ
・8インチディスプレイオーディオ
・オートエアコン
・4:2:4分割可倒式リヤシート
・6:4分割可倒式アジャスタブルデッキボード
・バックガイドモニター
・6スピーカー


ヤリスクロスZグレードの装備

・18インチタイヤ+アルミホイール
・LEDヘッドランプ
・合成皮革シート
・シートアンダートレイ
・助手席シートバックポケット
・運転席6ウェイパワーシート
・運転席、助手席シートヒーター
・7インチマルチインフォメーションディスプレイ


ヤリスクロスの価格

ヤリスクロス、各グレードの価格を紹介します。


ガソリン車
X Bパッケージ・・・179万6,000円
X・・・189万6,000円
G・・・202万円
Z・・・221万円


ハイブリッド車
HYBRID X・・・228万4,000円
HYBRID G・・・239万4,000円
HYBRID Z・・・258万4,000円



値引き交渉、今乗っている車の売却には、競合車と相見積もりを取る、一括査定を利用するなど、ひと手間かけましょう。


他ディーラーと競合させ、さらに下取りよりも高く買い取ってくれる買取業者を見つけることで、差額で上級グレードにすることができるかもしれません。

>>最短30秒で入力完了!
愛車の最高価格が分かる♪

スポンサーリンク



ヤリスクロスと悩む!ライバル車を紹介

ヤリスクロスのライバルとなるコンパクトSUVの特徴を、かんたんに紹介します。

日産・キックス


キックスは、これまで販売されていたジュークの後継車にあたる車です。


サイズ、車格的に、ヤリスクロスの最大のライバルになるとみられていたのですが、パワートレインがe-POWERしか設定されていないことと、価格設定が高いことで、価格を比較して、ヤリスクロスを選ぶ人が多いのが現状です。


ホンダ・ヴェゼル


ヴェゼルは、クーペスタイルが特徴的なSUVです


ホンダ独自のセンタータンクレイアウトにより、シートアレンジが豊富で、室内を広く使うことができることが特徴です。