後悔しない車選びをしよう!

車の納期や値引き、長所、欠点、メリット、デメリットを紹介します

>>あなたの愛車、今いくら?最短30秒で完了!無料査定

今、買取相場が上がっています。高く売るなら、今がチャンスです。

【N-BOX/N-BOXカスタム おすすめグレード、人気グレード】G、L、EX、カスタムL、カスタムEX、Lコーディネートスタイルなど

スポンサーリンク


N-BOX/N-BOXカスタムには、多くのグレードが設定されています。


ここでは、N-BOX/N-BOXカスタムのおすすめグレード、人気グレードを紹介します。

N-BOX、N-BOXカスタムのグレード、価格

N-BOXのグレードは大きく分けてG、L、EXの3グレードで、L、EXにはターボが設定されています。


N-BOXカスタムのグレードは大きく分けてL、EXの2グレードで、どちらにもターボが設定されています。

<N-BOX>
G・・・144万8,700円
L・・・157万9,600円
EX・・・167万8,600円
Lターボ・・・177万8,700円
Lコーディネートスタイル・・・179万9,600円
EXターボ・・・182万9,300円
Lターボコーディネートスタイル・・・190万9,600円

<N-BOXカスタム>
L・・・178万9,700円
EX・・・189万9,700円
Lターボ・・・198万8,800円
Lコーディネートスタイル・・・199万8,700円
EXターボ・・・203万9,400円
Lターボコーディネートスタイル・・・211万9,700円


基本的には、Lグレード以上がおすすめ

N-BOXのGグレードは、センターアームレスト、パワースライドドア、ロールサンシェード、USBジャック、シートヒーターなど、多くの装備が採用されていません。


また、安全性の面では、N-BOXのGグレードには、サイドエアバッグ、カーテンエアバッグが装備されておらず、オプションでも選択することができません。


サイドエアバッグ、カーテンエアバッグは側面衝突時の乗員保護に大きく効果を発揮します。幅の狭い軽自動車ではなおさらです。


ですから、サイドエアバッグ、カーテンエアバッグを装備しているLグレード以上をおすすめします。(標準モデルのLグレードではオプション扱いなので、選択することをおすすめします。)


これらの理由から、基本的にはLグレード以上をおすすめします。


スポンサーリンク



助手席スーパースライドシートが欲しいかどうかで選ぶ

N-BOXのグレードによる装備違いの大きなポイントとして、助手席スーパースライドシートの有無があります。


標準、カスタムともに、EXグレード、EXターボグレードには助手席スーパースライドシートが採用されています。

それ以外のグレードは、ベンチシートとなっています。


助手席スーパースライドシートは、助手席を後部座席のかなり近くまで下げることができるので、助手席に座っている家族が、後部座席のチャイルドシートに座っている子供の世話をする時など、座りながらにして前後の移動が簡単にできます。


一方のベンチシートは、左右に幅広くなっており、ゆったりと座ることができます。


助手席スーパースライドシートが欲しいならEXグレードを。


助手席スーパースライドシートが必要ない、もしくはベンチシートが欲しいなら、Lグレードがおすすめです。


パワーに余裕が欲しいなら、ターボグレードがおすすめ

N-BOXは、NAエンジンでも58psと、軽自動車としてはパワーがあるため、高速道路でもそれなりに無理なく走ることができます。


ただ、余裕が欲しいなら、やはりターボエンジンです。


フル乗車が多かったり、高速道路を頻繁に走るのであれば、ターボエンジンを搭載したグレードがおすすめです。

kurucomi.hatenablog.com


高級感重視なら、カスタムLターボコーディネートスタイルがおすすめ

N-BOXの最上級グレード、カスタムLターボコーディネートスタイルは、軽自動車とは思えないほど、高い質感を実現しています。


軽自動車としての維持費の安さ、取り回しの良さはそのままに、高い質感を求めるなら、Lターボコーディネーストスタイルがおすすめです。


人気グレードは、カスタムL

N-BOXは人気車種ですから、全体的にリセールバリューが高いですが、その中でもリセールバリューを気にするなら、カスタムLグレードをおすすめします。


また、カラーはホワイトかブラックをおすすめします。


N-BOXのカラーについては、こちらの記事で解説しています。

kurucomi.hatenablog.com


コーディネートスタイルは、見た目の違いだけではない

Lグレードに設定されているコーディネートスタイルは、見た目の違いだけだと思われることも多いのですが、見た目以外の違いもあります。


標準モデルのLコーディネートスタイルでは、Lグレードではオプション扱いのサイドエアバッグ+カーテンエアバッグ、運転席側パワースライドドアが標準装備となります。


Lコーディネートスタイルは、EXグレードよりも高いのですが、その理由は、こういったところにもあります。


N-BOX購入の前に

クルマを売るなら、一括査定を使わないともったいないです。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪


下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。


独自に集計したランキングなので、他で紹介されているランキングと順位が前後している部分もあるかもしれませんが、N-BOXの色選びの参考になればと思います。

スポンサーリンク