後悔しない車選びをしよう!

車の納期や値引き、長所、欠点、メリット、デメリットを紹介します

>>あなたの愛車、今いくら?最短30秒で完了!無料査定

今、買取相場が上がっています。高く売るなら、今がチャンスです。

【新型ノア・新型ヴォクシー 欠点/後悔/短所/長所/メリット/デメリット】値段が高い、かっこいい、燃費が良い、パワー不足が改善、実燃費が向上、など

スポンサーリンク


2022年11月23日更新

トヨタの大人気ミニバン、ノア、ヴォクシーがフルモデルチェンジされました。


新型ノア、ヴォクシーには、どんな欠点、長所があるのでしょうか。


ここでは、新型ノア・ヴォクシーの欠点、短所、長所、評判を中心に紹介します。

新型ノア、新型ヴォクシーの欠点、短所、デメリット、不満の声

新型ノア、新型ヴォクシーの欠点その1:価格が高くなった

新型ノアの価格は、エントリー価格が10万円程度、上級グレードの価格は50万円程度高くなりました。


その分装備は充実しているのですが、ちょっと高い・・・。という声があがっています。


【新型ノア】
<ガソリン車>
X・・・267万0,000円
G・・・297万0,000円
Z・・・324万0,000円

S-G・・・304万0,000円
S-Z・・・332万0,000円


<ハイブリッド車>
X・・・305万0,000円
G・・・332万0,000円
Z・・・359万0,000円

S-G・・・339万0,000円
S-Z・・・367万0,000円

【新型ヴォクシー】
<ガソリン車>
S-G・・・309万0,000円
S-Z・・・339万0,000円


<ハイブリッド車>
S-G・・・344万0,000円
S-Z・・・374万0,000円


【現行ノア】
X(8人乗り)・・・255万6,400円
X(7人乗り)・・・258万7,200円
G(8人乗り)・・・282万4,800円
G(7人乗り)・・・285万5,600円
Si(8人乗り)・・・281万3,800円
Si(7人乗り)・・・284万4,600円

HYBRID X・・・305万9,100円
HYBRID G・・・321万8,600円
HYBRID Si・・・334万6,300円


「新型ノアの見積もりとったけど、高いー。オプションつけたらもっと高くなる泣」

「新型ヴォクシー高くなったなー」

といった声があがっています。

新型ノア、新型ヴォクシーの欠点その2:ヴォクシーが、イカつすぎる

新型ノアは比較的キープコンセプトであるのに対し、新型ヴォクシーは、イカツさを増しています。


「ちょっと苦手。とか、やりすぎじゃないかな。」

「新型ヴォクシーのフロントの顔つき、私は苦手だな。先代後期が一番好き。」

といった声があがっています。


デザインに関しては、最初は否定的な意見が多く、しばらく経ったら慣れてきた。結構良いじゃん。となることも多いので、公道で頻繁に見かけるようになってからどう変わってくるのかにも注目です。


新型ノア、新型ヴォクシーの欠点その3:納期が長い

新型ノア、ヴォクシーは、納期がとても長くなってしまっています。


2022年11月時点では、1年を超えるほどにまで長くなっています。


当初の予定よりも納期が長くなってしまい後悔している人や、モデル末期で比較的納期の短いステップワゴンを選ぶ人も結構いるようです。


新型ノア、新型ヴォクシーの納期に関しては、こちらのページを更新していきます。

kurucomi.hatenablog.com


スポンサーリンク



新型ノア、新型ヴォクシーの長所、メリット

新型ノア、新型ヴォクシーの長所その1:パワーアップしている

新型ノア、新型ヴォクシーのパワートレインは、2.0Lガソリンエンジンと1.8Lハイブリッドと、排気量こそ変わりませんが、パワーアップしています。


【2.0Lエンジン】
最高出力・・・170ps
最大トルク・・・20.6kgf・m


【1.8Lハイブリッド】
システム出力・・・約140ps


先代ノア・ヴォクシーは、フル乗車の時など、もう少しパワーが欲しい。という声も多かったため、そういったところに対応してきています。


新型ノア、新型ヴォクシーの長所その2:燃費が良い

新型ノア、新型ヴォクシーの燃費は、ガソリン車が15.1km/L、ハイブリッド車が23.4km/Lと、先代モデルよりも大きく向上しています。


先代モデルの燃費はガソリン車が13.6km/L、ハイブリッド車が19.8km/Lでしたから、パワーアップし、なおかつ燃費も向上しています。


新型ノア、新型ヴォクシーの長所その3:先進機能が充実している

新型ノア、新型ヴォクシーには、これまでレクサスやMIRAIにしか搭載されていなかった、プロアクティブドライビングアシストや、アドバンスドドライブが搭載されました。


新型ノア、新型ヴォクシーに搭載されている先進機能は、以下のとおりです。

・プリクラッシュセーフティ
・緊急時操舵支援
・フロントクロストラフィックアラート
・レーンチェンジアシスト
・レーントレーシングアシスト
・レーンディパーチャーアラート
・レーダークルーズコントロール
・アダプティブハイビームシステム
・オートマチックハイビーム
・ロードサインアシスト
・ドライバー異常時対応システム
・プロアクティブドライビングアシスト
・発進遅れ告知機能
・ブラインドスポットモニター+安心降車アシスト
・パーキングサポートブレーキ
・アドバンストパーク
・パーキングサポートブレーキ
・パノラミックビューモニター


新型ノア、新型ヴォクシーの長所その4:かっこいい

欠点の項目でも紹介しましたが、現時点では、どちらかというとノアの方が好意的な意見が多いです。

「新型ヴォクシーとノアだったら、ノアの方がカッコイイな。ヴォクシーは、全部グリルか?」

「新型ノアかっこいいー。ヴォクシーの方は・・・?どうしてこうなった。」


ただ、イカツくなったヴォクシーも、かっこいい!という声はあります。

「ヴォクシーの顔、オラつき過ぎってよく聞くけど、俺はヴォクシーの方が好きだな。ヴォクシー嫌ならノアがあるし、ええやん?」

といった声があがっています。



これから、さらに多くの長所、欠点の情報が集まってくるでしょうから、また更新します。


新型ノア、新型ヴォクシー購入の前に

クルマを売るなら、一括査定を使わないともったいないです。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪



下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク



新型ノア、ヴォクシーの関連記事

kurucomi.hatenablog.com


ここからは、これまで販売されていた先代モデルの情報です。

先代ノア、ヴォクシーの欠点、短所、デメリット

■ノア、ヴォクシーの欠点その1:インテリアの質感が低い
ノア、ヴォクシーのインテリアは、プラスチッキーで、質感はそれほど高くありません。


極端に低いわけではありませんが、シエンタなど、下のランクの車と比べても、あまり差はありません。


特に、ハイブリッドモデルは総額で300万円以上するので、もう少し質感が高ければな・・・。という声も挙がっています。


インテリアの質感を求めるなら、少し高級感を意識したエスクァイアの方が良いですね。

<追記>
エスクァイアは販売終了となってしまいました。



■ノア、ヴォクシーの欠点その2:先進機能が少ない
ノア、ヴォクシーは、セレナ、ステップワゴンに比べると、先進機能、特に、運転支援機能が弱いです。


ノア、ヴォクシーの先進機能は、以下のとおりです。

・プリクラッシュセーフティ(自動ブレーキ)
・レーンディパーチャーアラート
・オートマチックハイビーム
・先行車発進告知機能
・インテリジェントクリアランスソナー
・ドライブスタートコントロール


友人のセレナのプロパイロットの便利さに驚いて、ノアの購入を後悔した。という人もいるようです。


先進機能はここ数年で大きく進化してきており、セレナやステップワゴンよりも前から販売されており、基本設計の古いノア・ヴォクシーはどうしても不利になってしまいます。

スポンサーリンク


■ノア、ヴォクシーの欠点その3:加速が悪い
ノア、ヴォクシー、は、セレナやステップワゴンに比べて加速が悪いです。


特にハイブリッド車は、高速域での加速が悪い、加速しない。という声が多く挙がっています。


ノア、ヴォクシーと、セレナ、ステップワゴンハイブリッド車の加速を比較してみましょう。


0-100km/hの加速は、

ノア・ヴォクシーハイブリッドは、約11秒

セレナe-POWERは、約8.5秒

ステップワゴンハイブリッドは、約7.5秒


次に、ガソリン車


ガソリン車では、

ノア、ヴォクシーは、約10.5秒

セレナは、約11秒

ステップワゴンは、約8.2秒


です。

ノア、ヴォクシーの加速は、遅い方であるということがわかります。

スポンサーリンク


■ノア、ヴォクシーの欠点その4:デザインがイカツい
ノア、ヴォクシーは、マイナーチェンジで、デザインがイカツく変わりました。


特に、これまで比較的大人しいデザインだったノアも、ギラギラした感じのデザインに変わりました。


ノアは大人しいデザイン、ヴォクシーはイカついデザインで棲み分けをして欲しかった。という声が挙がっています。


ただ、営業マンの友人に聞いたところ、なんやかんやで派手目なデザインを好む人も多いようです。


だからこそ、こういったデザインに変わったのでしょうね。



■ノア、ヴォクシーの欠点その5:安定感がない
ノア、ヴォクシーは背が高いので、高速走行やコーナリング、強風時など、少し安定感に欠ける部分もあります。


「ヴォクシー横風に弱いなー。オデッセイの方が安定してた。やっぱり私はホンダ党。」

といった声があがっています。


ミニバンに安定感を求めるのも酷かもしれませんが、次期ノア、ヴォクシーは、TNGAプラットフォームを採用してくるようなので、現行型よりも安定性は高められるようです。



■ノア、ヴォクシーの欠点その6:乗り心地が悪い
ノア、ヴォクシーは、乗り心地が悪いという声も時々みかけます。


ただ、乗り心地が悪いという声を挙げている方は、これまでにスポーツカーやセダンに乗っていたという方が多いように感じます。

そういった車に比べて、足回りがダメだ。とか走りがダメだ。とかそういった声が多いですね。


私が乗った限りは乗り心地は悪いとは感じませんでしたし、営業マンの友人に聞いても、乗り心地に関して悪いと言われることはめったにない。ということでした。


クルマを売る前に、自分の車がいくらで売れるのかを知っておきましょう。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪



下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。


高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク



先代ノア、ヴォクシーの長所、メリット

次に、ノア、ヴォクシーの長所、メリット、良い評判を紹介します。


■ノア、ヴォクシーの長所その1:デザインのバリエーションが豊富
ノア、ヴォクシー、エスクァイアは、それぞれ特徴的な顔つきをしており、好きなデザインの車を選ぶことができます。


ただし、デザインのバリエーションに関しては、2020年4月に実施される改良で、ヴォクシーはX、Vグレードが廃止、エスクァイアはXiが廃止されます。


若干バリエーションは減りますが、それでも、1メーカーで3車種も用意しているのはトヨタだけです。



■ノア、ヴォクシーの長所その2:床面が低い
ノア、ヴォクシーは、床面(床面地上高)が低く抑えられています。


床面地上高
ノア、ヴォクシーは約380mm

ステップワゴンは約390mm

セレナは約450mm


床面が低いと、乗り降りのしやすさや、荷物の積み下ろしのしやすさにつながります。



■ノア、ヴォクシーの長所その3:乗り心地が良い
欠点の項目で、乗り心地が悪い。ということを紹介しましたが、乗り心地は、結構良いという意見も多く挙がっています。


足回りの踏ん張りという点では悪い評価が多く、街乗りで流している分には良い評価が多いという印象です。


個人的には、私は乗り心地は悪くないと思います。


乗り心地に関しても、現行モデルを試乗してみてもし不満だったら、来年にもフルモデルチェンジされると言われている新型に期待ですね。


今回、ここで紹介したような加速、予防安全性能といった欠点も潰してくるようなので、現行ノア、ヴォクシーの欠点が気になるという方は、フルモデルチェンジを待ってみるのもアリですね。



■ノア、ヴォクシーの長所その4:価格が安い
ノア、ヴォクシーの価格は、ライバルのセレナ、ステップワゴンよりも安めに設定されています。


<ノアの価格>
ガソリン車・・・255万円~284万円
ハイブリッド車・・・305万円~334万円

<セレナの価格>
Sハイブリッド(ガソリン車)・・・257万円~368万円
e-POWER(ハイブリッド車)・・・299万円~419万円

<ステップワゴンの価格>
ガソリン車・・・271万円~359万円
ハイブリッド車・・・342万円~409万円


また、ノア、ヴォクシーは、モデル末期であるため、比較的大きな値引きを引き出すことができます。

さらに、リセールバリューが高い(高く売れる)ので、トータルで見て金銭的な負担を抑えることができます。

ノア、ヴォクシーの長所、欠点を理解して、後悔のないようにしたいですね。

スポンサーリンク