クルマのクチコミ

車の値引き、口コミ、評判、長所、短所、メリット、デメリットを詳しく紹介します

>>あなたの愛車、今いくら?最短30秒で完了!無料査定

【新型 ヴェゼル グレード】人気グレード、おすすめグレードは、どれ?内装、装備の違いを比較!G、X、Z、PLaY

スポンサーリンク


新型ヴェゼルには、ガソリン車1グレード、ハイブリッド車3グレードの、計4グレードが設定されています。


新型ヴェゼル
f:id:totalcar:20210511214233j:plain
出典https://www.honda.co.jp


人気のグレードはどれなのか?装備の違いはどこなのか?気になりますよね。


このページでは、新型ヴェゼルの人気グレード、おすすめグレード、装備や内装の違いを紹介します。

ガソリン車は、Gしか設定されていない

新型ヴェゼルのガソリン車は、Gグレードしか設定されていません。


Gグレードの主な装備は、以下のとおりです。

・ホンダセンシング
・16インチアルミホイール
・フルLEDヘッドライト
・LEDフォグライト
・ヒルディセントコントロール
・ホンダコネクトforGathers+ナビ装着用スペシャルパッケージ
・フルオートエアコン
・そよ風アウトレット
・静電タッチ式LEDルームランプ
・チップアップ&ダイブダウン機構付6:4分割可倒式リヤシート

スポンサーリンク



ハイブリッド車、各グレードの違いを比較

新型ヴェゼルのハイブリッド車には、3つのグレードが設定されています。

e:HEV Xグレードの主な装備

e:HEV Xグレードの主な装備は、以下のとおりです。

・ホンダセンシング
・16インチアルミホイール
・フルLEDヘッドライト
・LEDフォグライト
・マルチインフォメーションデイスプレイ(7インチ)
・ヒルディセントコントロール
・減速セレクター
・ホンダコネクトforGathers+ナビ装着用スペシャルパッケージ
・フルオートエアコン
・そよ風アウトレット
・静電タッチ式LEDルームランプ
・チップアップ&ダイブダウン機構付6:4分割可倒式リヤシート


e:HEV Zグレードの主な装備

e:HEV Zグレードでは、e:HEV Xグレードに加えて、以下のような装備が採用されます。

・18インチアルミホイール
・ハンズフリーアクセスパワーテールゲート(予約クローズ機能付)
・LEDシーケンシャルターンランプ
・クリアブラック塗装バンパーガーニッシュ
・本革巻ステアリングホイール
・本革巻セレクトレバー
・運転席&助手席シートヒーター
・左右独立温度コントロール式フルオートエアコン
・リヤベンチレーション
・後席充電用USBジャック
・トノカバー
・雨滴検知式フロントワイパー
・オートリトラミラー
・リバース連動ドアミラー
・ブラインドスポットインフォメーション
・LEDアクティブコーナリングライト


e:HEV PLaYグレードの主な装備

e:HEV PLaYグレードでは、e:HEV Zグレードに加えて、以下のような装備が採用されます。


・Honda CONNECTディスプレー+ETC2.0車載器
・後退出庫サポート
・パノラマルーフ
・ワイヤレス充電器
・高触感バーミリオン塗装センターコンソールパネル
・PLaY専用エクステリア
・2トーンボディカラー

スポンサーリンク



新型ヴェゼル、グレードによる内装の違い

新型ヴェゼルの内装デザインは、Gとe:HEV X、e:HEV Z、e:HEV PLaYの3タイプあります。

新型ヴェゼル G、e:HEV Xグレードの内装

f:id:totalcar:20210511214307j:plain
出典https://www.honda.co.jp

新型ヴェゼル e:HEV Zグレードの内装

f:id:totalcar:20210511214355p:plain
出典https://www.honda.co.jp

Zグレードは、X、Zグレードよりもシルバー加飾、コンビシートによって、質感が高くなっています。

新型ヴェゼル e:HEV PLaYグレードの内装

f:id:totalcar:20210511214441j:plain
出典https://www.honda.co.jp

PLaYグレードは、ホワイト基調にオレンジのアクセントが入っており、明るい印象です。

スポンサーリンク



新型ヴェゼルの人気グレードは、Z

新型ヴェゼル、各グレードの人気ランキングは、以下のようになっています。

第1位 e:HEV Z・・・60%

第2位 e:HEV PLaY・・・20%

第3位 e:HEV X・・・10%

第4位 G・・・10%


あくまで私が集計した結果ですが、人気グレードの順位はこうなっています。

新型車のフルモデルチェンジ直後は、人気が最上級グレードに偏りがちですが、新型ヴェゼルの場合は、PLaYグレードはパノラマルーフや2トーンカラーが標準になるとあって、そこまでは必要ない。と考える方が多いのでしょう。また、次の項目で紹介しますが、納期も関係しているかと思われます。


リセールバリューは、新型が発売されたばかりで、まだはっきりとしたデータは出ていませんが、e:HEV Zと、e:HEV PLaYのが高くなるとみられています。

リセールバリューを考えるなら、e:HEV Zか、e:HEV PLaYグレードがおすすめです。


PLaYグレードは、納期にも注意

新型ヴェゼルは、フルモデルチェンジされたばかりということもあり、納期は全体的に長めです。

特に、PLaYグレードの納期はとても長く、1年ほど待たないといけない状況になっているようです。

新型ヴェゼルの納期に関しては、こちらのページで定期的に更新しているので、気になる方はご確認ください。

kurucomi.hatenablog.com


新型ヴェゼル、各グレードの価格

新型ヴェゼル、各グレードの価格は、以下のとおりです。

【ガソリン車】
G・・・227万9,200円


【ハイブリッド車】
e:HEV X・・・265万8,700円
↓ +24万円
e:HEV Z・・・289万8,500円
↓ +40万400円
e:HEV PLaY・・・329万8,900円


ガソリン車か、ハイブリッド車か迷ったら

ガソリン車のGグレードと、ハイブリッド車のe:HEV Xグレードは、比較的装備の内容が似ています。


Gグレードと、e:HEV Xグレードとで迷っている方も多いかと思います。


静粛性が高い、ガソリンを入れる頻度、走りの感覚など、様々な違いがありますが、一番の違いは燃費でしょう。



Gグレードと、e:HEV Xグレードの価格差は約38万円です。


ガソリン価格を150円と仮定した場合、約13万キロ以上走った時に、ガソリン代の差で価格差が埋まります。


ですから、ガソリン車にしようか、ハイブリッド車にしようか迷っているのなら、自分が13万キロ以上乗るかどうか。をひとつの目安にすることをおすすめします。


ヴェゼル購入の前に

クルマを売るなら、一括査定を使わないともったいないです。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪


下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

一括査定について詳しくはこちらで解説しています。不安な方は一度読んでみて❗

スポンサーリンク