クルマのクチコミ

車の値引き、口コミ、評判、長所、短所、メリット、デメリットを詳しく紹介します

>>あなたの愛車、今いくら?最短30秒で完了!無料査定

【2021年5月】新型 ノートe-POWER 値引き/納期最新情報。納期遅れあり。値引き相場、値引き限界額、交渉術を紹介。納期は、約4~6ヶ月(S、F、Xグレード、オーテック)

スポンサーリンク


2021年5月1日更新


2020年12月23日に、日産・ノートがフルモデルチェンジされました。


新型ノートe-POWER
f:id:totalcar:20201125211239j:plain
出典https://global.nissannews.com


新型ノートe-POWERの納期はどれくらいかかるのか。どれくらいまで値引きができるのか。気になりますよね。


このページでは、新型ノートe-POWERの納期最新情報と、値引きについての情報を紹介します。

新型ノートe-POWERの納期最新情報

2021年5月の、新型ノートe-POWERの納期は、約2~4ヶ月です。


フルモデルチェンジ直後よりは、納期は短くなってきています。


ただ、半導体不足の影響が若干出ており、今後も目が離せません。


新型ノートe-POWERの値引き相場、値引き限界額

新型ノートe-POWERの値引き相場(ライバル車との競合をそれほど頑張らなくても引き出せる値引き額)は、車両本体価格から、5万円程度です。



ノート、2021年5月の値引き目標は、

車両本体価格からの値引きは、15万円です。


オプションからの値引きは、オプション価格の2割です。


それでは、具体的にどうやって値引きを拡大させていくのか、紹介します。


ノートの値引き交渉には、ヤリス、フィットとの競合が有効

ノートの値引き交渉には、トヨタ・ヤリスハイブリッド、ホンダ・フィットハイブリッドとの競合が有効です。


価格を比較してみれば分かりますが、価格帯は同じです。


【新型ノートe-POWER】
Sグレード・・・202万9,500円
Fグレード・・・205万4,800円
Xグレード・・・218万6,800円


【ヤリスハイブリッド】
HYBRID X・・・199万8,000円
HYBRID G・・・213万円
HYBRID Z・・・229万5,000円


【フィットハイブリッド】
BASIC・・・199万7,600円
HOME・・・206万8,000円
NESS・・・222万7,500円
CROSSTAR・・・228万8,000円
LUXE・・・232万7,600円


発売から1年が経過しようとしているヤリスハイブリッドと、フィットハイブリッドは、値引き額が少しずつ大きくなってきており、20万円ほどの値引きも可能となってきています。


「新型ノートe-POWERが欲しいが、ヤリス、フィットがこれだけの値引きを出してくれている。もう少し値引きをしてもらえないだろうか。」という形で、ヤリス、フィットの見積もりを出して交渉しましょう。


また、ヤリス、フィットと比較して値引き交渉をする時は、自分が欲しいと思っている新型ノートe-POWERのグレード、オプションと、似たような価格のグレードとオプションを選んで見積もりを出してもらうようにしましょう。


新型ノートe-POWERはフルモデルチェンジされたばかりで、なおかつ標準装備が少なめ、オプションを多めにつけたくなる内容になっているので、支払総額でヤリスやフィットよりも安くする。というのは正直厳しいですが、競合させるのとさせないのとでは、5万、10万の差が出てきます。


日産ディーラー同士での値引き交渉も有効

日産ディーラーは、同じ県内でも、複数の会社が店舗を運営しています。


トヨタのように看板が違うわけではないので少し分かりづらいですが、「○○日産自動車」「日産プリンス○○」「日産サティオ○○」などのように、会社名が違う店舗同士なら見積もりを比較して値引き交渉することが可能です。


新型ノートe-POWERの場合、最大15万円くらいの値引きを期待することができる。と紹介しましたが、フルモデルチェンジされたばかりの新型車の場合、会社によっては、車両価格からの値引きは一律10万円まで。といった取り決めがあることがあります。


そういった店舗でいくら交渉をしても、10万円以上の値引きを獲得することはできないので、その場合は、県内の別の会社が運営している日産ディーラー、県外に行けるなら、県外のディーラーでも交渉をすることをおすすめします。


今の車を高く売ることも大切

新型ノートe-POWERを少しでも安く買うには、今の車を高く売ることも大切です。



新車を購入する時は、今乗っている車をディーラーに下取りしてもらうのが普通ですよね。


この下取りがクセモノで、買取業者に売るよりも安くしか下取りしてもらえないことが多いんです。


買取業者に車を売ったことがない方は、一度査定をしてみると下取り価格との差に驚くと思います。



買取業者の査定額をディーラーに提示して、買取業者の査定額と同等の下取り額を出してくれるのであれば、ディーラーに下取りをしてもらった方が、新車の受け取りと同時に引き渡すことができるので、楽なのですが、多くの場合、金額には開きがあります。


ディーラーがはじめに提示する下取り額は低めの金額を出すのがお決まりなので、買取業者に査定をしてもらっておいて、「買取業者で○○円になると言われた」と言えば、下取り額が10万円単位で上がることもめずらしくありません。


それでも買取業者とディーラー下取りの価格差が大きいのであれば、多少手間をかけてでも買取業者に売却するべきです。


少しでも車を高く売るには、一括査定を利用することです。

>>最短30秒で入力完了!愛車の一括査定


新型ノートe-POWER、各グレードの比較

新型ノートe-POWERには、大きく分けて、「F」「S」「X」「オーテック」の4グレードが設定されています。

新型ノートe-POWER Fグレードの装備

・185/65R 15インチタイヤ
・15インチスチールホイール
・ハロゲンヘッドランプ
・後席プライバシーガラス
・運転席バニティミラー
・助手席シートバックポケット
・チルト、テレスコピックステアリング
・スピーカーレス
・USB電源ソケット
・ガソリンタンク32L

・インテリジェントエマージェンシーブレーキ
・前方衝突予測警報
・オートマチックハイビーム
・フロント&バックソナー
・インテリジェントLI/LDW
・踏み間違い衝突防止アシスト
・アラウンドビューモニター
・標識検知機能
・電動パーキングブレーキ


新型ノートe-POWER Sグレードの装備

Fグレードからの追加、変更点は以下のとおり


・運転席シートリフター
・2スピーカー
・リヤ間欠式ワイパー
・ガソリンタンク36L


新型ノートe-POWER Xグレードの装備

Sグレードからの追加、変更点は以下のとおり


・185/60R 16インチタイヤ(スチールホイール)
・LEDフォグランプ
・サイドターンランプ付電動格納式ドアミラー
。UV&IRカットフロントガラス、フロントドアガラス
・4スピーカー
・後席分割可倒式シート
・後席リクライニング
・シャークフィンアンテナ
・インテリジェントキー


新型ノートe-POWER オーテックの装備

オーテックは、Xグレードがベースです。

Xグレードからの追加、変更点は、以下のとおり


・AUTECH専用エクステリア
フロントグリル
グリルフィニッシャー(ダーククローム)
フロントプロテクター(メタル調フィニッシュ)
サイドシルフィニッシャー(メタル調フィニッシュ)
リヤプロテクター(メタル調フィニッシュ)
AUTECHエンブレム(フロント、リヤ)

・専用シグネチャーLED
・専用サイドターンランプ付電動カラードドアミラー(メタル調フィニッシュ)
・専用16インチアルミホイール(切削光輝)
・LEDヘッドランプ
・アダプティブLEDヘッドライトシステム
・LEDフォグランプ

・AUTECH専用インテリア
ブルー/ブラックコンビレザレットシート
ダークウッド調フィニッシャー
合皮アームレスト(ブルーステッチ)
フロントセンターアームレスト
リヤセンターアームレスト

・専用本革巻ステアリング
・AUTECHエンブレム(センターコンソール)


新型ノートe-POWERの価格、グレード間の価格差

新型ノートe-POWER、各グレードの価格と、グレード間の価格差は、以下のとおりです。


S・・・202万9,500円
↓ +2万5,300円
F・・・205万4,800円
↓ +13万2,000円
X・・・218万6,800円
↓ +31万7,900円
オーテック・・・250万4,700円



値引き交渉、今乗っている車の売却には、競合車と相見積もりを取る、一括査定を利用するなど、ひと手間かけましょう。


ライバル車と競合させ、さらに下取りよりも高く買い取ってくれる買取業者を見つけることで、差額で上級グレードにすることができるかもしれません。


>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪


スポンサーリンク