クルマのクチコミ

車の値引き、口コミ、評判、長所、短所、メリット、デメリットを詳しく紹介します

>>あなたの愛車、今いくら?最短30秒で完了!無料査定

今、買取相場が上がっています。高く売るなら、今がチャンスです。

【ZR-V 欠点/長所/メリット/デメリット/口コミ/評判】マセラティみたい、ダサい、サンルーフがない、かっこいい、安い、大きさがちょうどいい、など

スポンサーリンク


2022年11月18日更新

ホンダから、新型SUV、ZR-Vが発売されます。


ここでは、ZR-Vの長所、欠点、メリット、デメリット、評判などを紹介します。

ZR-Vの長所、メリット

ZR-Vの長所その1:デザインがかっこいい

ZR-Vのデザインが公開されましたが、かっこいい。という声が多くあがっています。

ZR-Vのフロントマスクは、他のホンダ車とは少し雰囲気が違う、迫力のあるものとなっています。

デザインに関しては、ダサいとか、マセラティみたい。といった声もありますが、おおむね好評なようです。


ZR-Vの長所その2:大きさがちょうどいい

新型ZR-Vのサイズは、全長4,570mm×全幅1,840mm×全高1,620mmです。


ZR-VはCR-Vの後継にあたるのですが、CR-Vよりも少し小さく、ちょうどいい大きさだ。と受け入れられています。


【CR-Vのサイズ】
全長4,605mm×全幅1,855mm×全高1,680mm


少し前までは全幅が1,800mmを超えると大きい。と言われていましたが、最近は1,850mmまでなら普通に受け入れられることが多いですね。


CR-Vも、大きすぎて運転できない。というほどではありませんが、ちょっと大きいと感じている人は多かったようです。


ZR-Vの長所その3:価格が安い

ZR-Vの価格は、294万円~です。


【ZR-Vの価格】
X・・・294万9,100円
Z・・・354万8,600円

e:HEV X・・・329万8,900円
e:HEV Z・・・389万9,500円

エントリー価格がシビックよりも安いということで、思ったよりも安い。という声があがっています。


ZR-Vの長所その4:パワフルなパワートレイン

ZR-Vには、1.5Lターボエンジンと2.0Lハイブリッド、どちらもパワフルなパワートレインが搭載されており、走りにも期待されています。


ZR-Vのパワートレインは、以下のとおりです。


<1.5Lターボエンジン>
最高出力・・・178ps/6000rpm
最大トルク・・・24.5kgf・m/1700-4500rpm


<2.0Lハイブリッド>
エンジン最高出力・・・141ps
エンジン最大トルク・・・18.6kgf・m
モーター最高出力・・・184ps
モーター最大トルク・・・32.1kgf・m


シビックベースのSUVということで、全高が抑えられており、ZR-Vは走りも楽しいSUVになるでしょう。


スポンサーリンク



ZR-Vの欠点、デメリット

ZR-Vの欠点1:納期が長い

ZR-Vの発売日の延期が発表されてしまい、発売日は2023年4月21日になりました。


先行予約は9月8日からはじまっているのですが、9月に予約をしたとしても、半年以上待たないといけないことになってしまいます。


ZR-Vに限った話ではありませんが、2023年春に半導体不足とうが解消しているかどうかは、不透明な状況です。


ZR-Vの欠点2:グレードの選択肢が少ない

ZR-Vには、XグレードとZグレードの2グレードしか設定されていません。


また、そのグレード間の価格差が60万円ほどありますから、もう少し間のグレードを作ってほしかった。という声があがっています。


コストや生産管理の関係かもしれませんが、最近のホンダの車はグレード数が少ない車が多いです。


ZR-Vの欠点3:サンルーフがない

日本仕様のZR-Vには、どうやら、サンルーフが設定されません。


各地で展示されているZR-Vを見てみても、サンルーフはついていません。


海外向けのモデルにはサンルーフがあるだけに、サンルーフが欲しかった。という声があがっています。



ZR-Vの発売後には、乗り心地や使い勝手など、様々な長所欠点が出てくるかと思います。また更新します。


ZR-V購入の前に

クルマを売るなら、一括査定を使わないともったいないです。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪



下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク