クルマのクチコミ

車の値引き、口コミ、評判、長所、短所、メリット、デメリットを詳しく紹介します

>>あなたの愛車、今いくら?最短30秒で完了!無料査定

今、買取相場が上がっています。高く売るなら、今がチャンスです。

【ライズ 色、カラー】人気色、人気カラーランキング!内装色は、ブラックのみ。おすすめカラーは、ホワイトか、ブラック

スポンサーリンク


トヨタのコンパクトSUV、ライズには、モノトーンが8色、ツートンカラーが3色、計11色のカラーがラインナップされています。


ここでは、ライズの人気のカラーは何色なのか?人気カラーのランキングと、それぞれどういった色なのか。おすすめは何色なのか。リセールバリューなども含めて、紹介します。


ライズの色選びの参考にしてもらえればと思います。

第1位:シャイニングホワイトパール

一位は、定番のホワイトパールです。

清潔感があり、老若男女問わず人気のカラーです。

スポンサーリンク



第2位:ブラックマイカメタリック

ライズは、シルバーメッキが少なく、フロントグリルもブラックなので、ブラックのボディカラーを選ぶと、車全体が黒で引き締められ、塊感が出ます。

力強い印象を与えたい方におすすめです。

コンパクトカーでありながら、ちょっとイカつい見た目になるので、脇道からの割り込みが少し少なくなるかもしれません。


第3位:スムースグレーマイカメタリック


ホワイトとブラックに次ぐ定番カラーといえばシルバーですが、ライズは2021年の改良で、シルバー(ブライトシルバーメタリック)が廃止されてしまいました。

その代わりに設定されたのがスムースグレーマイカメタリックなので、グレーが3位となっています。

シルマーよりもさらに汚れの目立たない、落ち着いた色となっています。

第4位:ナチュラルベージュマイカメタリック

ナチュラルベージュマイカメタリックは、落ち着いたベージュで、汚れも目立ちにくいカラーです。


特に、泥はねは一番目立ちにくい色です。

SUVですから、ちょっとしたアウトドアで泥汚れが付きやすいような使い方をする方には、一番おすすめです。


ホワイトやブラックといった定番のカラーは被るから嫌だ。だけれど、あまり目立つ色も嫌だ。という方におすすめのカラーです。

どちらかというと、女性に人気のカラーです。

スポンサーリンク



第5位:レーザーブルークリスタルシャイン

レーザーブルークリスタルシャインは、暗いところでは紺色に見える、濃いめのブルーです。

光の当たるところでは、反射が美しく、高級感を感じます。


深みのあるブルーなので、都会の夜を走るようなシチュエーションが似合います。


第6位:ターコイズブルーマイカメタリック

ターコイズブルーマイカメタリックは、鮮やかな明るいブルーで、ライズのカラーラインナップの中で、一番目立つ色です。


明るい水色なので、海沿いの道を走るようなシチュエーションが似合いますね。

ターコイズブルーマイカメタリックは、ライズのイメージカラーではありますが、ちょっと目立つ色ということもあり、ランキングとしては低い位置になりました。


比較的若い男性に人気のカラーです。


第7位:ファイアークォーツレッドメタリック

ファイアークォーツレッドメタリックは、落ち着いた、深みのあるレッドです。

光の当たり方によっては、ワインレッドにも見えます。


ファイアークォーツレッドメタリックは、どちらかというと女性に人気の色ですが、落ち着いたレッドですから、男性が乗っても違和感はありません。

スポンサーリンク



第8位:マスタードイエローマイカメタリック


マスタードイエローという言葉のままに理解すると、からしのような黄色ということになりますが、実際は、若干黄緑色寄りのイエローです。

明るいところでは、蛍光色のイエローに見えます。

特に昼間は結構目立つ色で、ターコイズブルーマイカメタリックの次に目立つカラーといえるでしょう。


ツートンカラーの人気ランキング

ライズには、ツートンカラーが3色設定されています。

ルーフカラーは全てブラックマイカメタリックで、ボディカラーは、スムースグレーマイカメタリック、シャイニングホワイトパール、ターコイズブルーマイカメタリックの3色が設定されています。


ツートンカラーの人気ランキングも、モノトーンのランキングと同じく以下のような結果となりました。


第1位:ブラックマイカメタリック×シャイニングホワイトパール

第2位:ブラックマイカメタリック×スムースグレーマイカメタリック

第3位:ブラックマイカメタリック×ターコイズブルーマイカメタリック


ライズの内装色、インテリアカラー

ライズの内装色、インテリアカラーは、全グレードで、ブラックのみです。


Gグレード、Zグレードには、シートの周囲にレッドパイピング(レッド加飾)が入っており、ちょっとスポーティーで遊び心があるインテリアとなっています。


Xグレードの内装


Gグレードの内装


Xグレードの内装は、ほとんど前面がブラックで、ちょっとプラスチッキーでもあり、質感に物足りなさを感じるかもしれません。


ただ、コンパクトカーのエントリーグレードであるということを考えれば、こんなものでしょう。


Gグレード以上には、レッドパイピングだけでなく、センターコンソール左右の加飾や、ステアリング、エアコン吹出口周囲にも加飾が入りますから、随分見え方が変わってきます。


ライズのおすすめカラー、リセールバリューの良いカラー

ライズの色選びで悩んだら、シャイニングホワイトパールか、ブラックマイカメタリックにしておくことをおすすめします。


この2色は、リセールバリューが頭ひとつ抜けています。要は、高く売れる。ということです。


色にこだわりがないのなら、高く売れる色を選んでおいたほうが良いですよね。


ライズ購入の前に

クルマを売るなら、一括査定を使わないともったいないです。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪


下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク


独自に集計したランキングなので、他で紹介されているランキングと順位が前後している部分もあるかもしれませんが、新型ヤリスクロスの色選びの参考になればと思います。