クルマのクチコミ

車の値引き、口コミ、評判、長所、短所、メリット、デメリットを詳しく紹介します

>>あなたの愛車、今いくら?最短30秒で完了!無料査定

【ヤリス 色、カラー】人気色ランキング!おすすめの色を紹介。モノトーン/ツートンカラー別。ボディカラーは18色、内装色は5種類。

スポンサーリンク


ヤリスには、ボディカラーが18色、内装色が5色設定されています。


ヤリス
f:id:totalcar:20200309200433j:plain
出典https://toyota.jp


このページでは、ヤリスの人気カラーランキング、それぞれの色はどんな色なのか?どういった人に選ばれているのか?について、ディーラーに勤務する友人から聞き取り調査をした結果を紹介します。


売るときに高く売りたい方は、人気の色を。逆にまわりとかぶるのが嫌な方は、人気ではない色を選ぶと良いでしょう。


ヤリスのカラー選びの参考にしてもらえればと思います。

ヤリス、色、ボディカラーの人気ランキング(モノトーン)

まずは、ボディカラー(モノトーン)の人気ランキングを紹介します。

第1位:ホワイトパールクリスタルシャイン


1位は、定番のパールホワイト、ホワイトパールクリスタルシャインです。

迷ったらパールホワイトにしておけば良い。というくらい間違いのない色です。


第2位:シルバーメタリック


第2位は、シルバーメタリックです。

ブラックが2位に入ることが多いのですが、営業車としての需要が多いことと、高級車ほどはブラックの人気が高くないことで、シルバーメタリックが2位という結果になりました。


第3位:スーパーホワイトⅡ

ヤリスのスーパーホワイトはなかなか展示がないようなので、GRヤリスのものですが、同じカラーなので参考までに。


スーパーホワイトⅡは、営業車やレンタカーのホワイトとして導入されることが多い色です。

ヤリスは営業車やレンタカーとしての需要も多いため、3位という結果になりました。

パールホワイトの方が高く売れますし、汚れも目立ちにくいので、個人の方はホワイトパールクリスタルシャインの方がおすすめです。

スポンサーリンク



第4位:ブラック


ヤリスのブラックは、パール系ではない、ソリッドなブラックです。

ヤリスは、フロントグリルの中も基本的に黒で、シルバー加飾などが入っていません。

そのため、ブラックを選択すると、本当に真っ黒な塊のように見えます。

逆に、その塊感が好きだ。という方に支持されています。


第5位:アイスピンクメタリック


アイスピンクメタリックは、一見ホワイトですが、明るいところで見ると淡いピンクに見えるカラーです。

ピンクピンクしているとちょっと・・・。という女性も、これくらいなら控えめで可愛い!と選ばれています。

年齢を問わず、女性に人気のカラーです。


第6位:センシュアルレッドマイカ


センシュアルレッドマイカは、深みのあるレッドです。

ヤリスのスポーティーさを際立たせるカラーです。

マツダの赤よりは少し明るい色です。

スポンサーリンク



第7位:アバンギャルドブロンズメタリック


アバンギャルドブロンズメタリックは、名前にブロンズ(銅)と入っていますが、あまり銅色には見えません。

どちらかというと、落ち着いたシルバー、暗めのシルバーといった印象です。

比較的年配の男性に選ばれる色です。


第8位:ボルドーマイカメタリック


ボルドーマイカメタリックは、ボルドーワインをイメージしたカラーです。

暗めの紫、ブラウンがかったパープルという印象です。

大人の女性に人気のカラーです。


第9位:ダークブルーマイカメタリック


ダークブルーマイカメタリックは、落ち着いた暗めのブルーです。

明るいところではブルーに。暗いところでは紺色に見えます。

ダークブルーマイカメタリックは、ホワイトやブラック、シルバーのような定番の色も、目立つ色も嫌だ。という男性に選ばれる色です。

スポンサーリンク



第10位:コーラルクリスタルシャイン


コーラルクリスタルシャインは、明るく鮮やかなレッドです。情熱の赤!という印象です。

コーラルクリスタルシャインは、ヤリスのイメージカラーなのですが、今回の調査では、ツートンカラーを選択している方の方が多く、モノトーンのコーラルクリスタルシャインは10位という結果になりました。


第11位:シアンメタリック


シアンメタリックは、蛍光色の明るい水色です。

とても目立つ色ですが、選ぶ方は、若い男性が多いとのこと。

止まっているのを見るだけで、明るい気分になれそうな色です。


第12位:サーモテクトライムグリーン


サーモテクトライムグリーンは、ただのライムグリーンではなく、「サーモテクト」ということで、夏場の車体表面の温度上昇を抑えることができる特殊なカラーです。

プリウスから採用されたカラーなのですが、正直あまり見かけませんよね。

ヤリスでも、サーモテクトライムグリーンを選択する方は少ない。という結果になりました。

スポンサーリンク



ヤリス、ツートンカラーの人気ランキング

次に、ツートンカラーの人気ランキングを紹介します。

ルーフカラー✕ボディカラーの順です。


第1位:ブラック✕コーラルクリスタルシャイン
第2位:ブラック✕アバンギャルドブロンズメタリック
第3位:ブラック✕アイスピンクメタリック
第4位:ホワイト✕センシュアルレッドマイカ
第5位:ホワイト✕ブラック
第6位:ブラック✕シアンメタリック


ツートンカラーは、ブラック✕コーラルクリスタルシャインがダントツのNo1という結果になりました。


ブラック✕コーラルクリスタルシャインは、ヤリスの公式サイトのトップにも採用されているイメージカラーなので、納得ですね。


ヤリスの内装色は、全部で5色

ヤリスの内装色は全部で5色設定されていますが、グレードによって選べるカラーが違います。


X Bパッケージ、X、HYBRID Xグレードでは、ブラックしか選べません。

G、HYBRID Gグレードでは、ブラックと、トープの2色から選ぶことができます。

Z、HYBRID Zグレードでは、ブラック、クレアトープ(ファブリック)、クレアトープ(合成皮革)の3種類から選ぶことができます。

選択肢のあるG、HYBRID Gグレードでは、ブラックが人気です。

Z、HYBRID Zグレードでは、ブラック→、クレアトープ(ファブリック)→クレアトープ(合成皮革)の順の人気となっています。


同じブラックでも、X、G用のブラックと、Z用のブラックではデザインが異なります。


X、G用のブラック

f:id:totalcar:20210121031412j:plain
出典https://global.toyota


基本的に全体がブラックで、控えめにシルバーのラインが入っています。

Gグレードだと、エアコンやシフトレバーの周囲がピアノブラックになるといった違いがあります。

シートはヘッドレスト一体型です。


Z用のブラック

シートはヘッドレスト分離型です。


トープ(G、HYBRID G)

f:id:totalcar:20210121031531j:plain
出典https://global.toyota

トープは、ブラウンとブラックのツートンカラーです。


クレアトープ(ファブリック、Z、HYBRID Z)

f:id:totalcar:20210121031448j:plain
出典https://global.toyota

クレアトープは、ブラウンとホワイト(アイボリー)のツートンカラーです。


クレアトープ(合成皮革、Z、HYBRID Z)


クレアトープの合成皮革はメーカーオプションです。シート表皮が一部、合成皮革となります。


新型ヤリス購入の前に

クルマを売るなら、一括査定を使わないともったいないです。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪


下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

一括査定について詳しくはこちらで解説しています。不安な方は一度読んでみて❗

スポンサーリンク



独自に集計したランキングなので、他で紹介されているランキングと順位が前後している部分もあるかもしれませんが、新型ヤリスの色選びの参考になればと思います。