クルマのクチコミ

車の値引き、口コミ、評判、長所、短所、メリット、デメリットを詳しく紹介します

>>あなたの愛車、今いくら?最短30秒で完了!無料査定

今、買取相場が上がっています。高く売るなら、今がチャンスです。

【ウェイク 欠点/後悔/短所/長所/メリット/デメリット】加速が悪い、燃費が悪い、横風に煽られる、2人で車中泊できる、エアコンが効かない、広い、高い、など

スポンサーリンク


2022年1月22日更新

ダイハツ・ウェイクには、どんな長所、欠点があるのでしょうか。


ここでは、ダイハツ・ウェイクの欠点、短所、長所、口コミ評判を中心に紹介します。


ウェイク購入の参考にしてもらえればと思います。

ウェイクの欠点、デメリット、悪いところ

ウェイクの欠点その1:加速が悪い、パワー不足

ウェイクは、軽自動車の中でも、トップクラスに重く、背が高いので空気抵抗も大きいので、加速が悪いです。


ウェイクNA車・・・990kg~
ウェイクターボ車・・・1,020kg~

タントNA車・・・880kg~
タントターボ車・・・910kg~


同じダイハツのスーパーハイトワゴン、タントよりも100kg以上重いです。


そのため、特にNA車はパワー不足と言わざるを得ません。


ウェイクNA車が0-100km/hまで加速している様子を、動画で見てみましょう。

100キロまで加速するまで、約19秒もかかっています。


正直、一般道でもパワー不足を感じるレベルです。


ウェイクを買うなら、ターボ車にすることを強くおすすめします。ターボ車もタントよりは遅いですが、イライラするほどではありません

スポンサーリンク



ウェイクの欠点その2:燃費が悪い

ウェイクは重くて空気抵抗が大きいので、どうしてもエンジンを高回転まで回すことになり、燃費が悪いです。


【カタログ燃費】
ウェイクNA車・・・17.4km/L
ウェイクターボ車・・・16.9km/L

タントNA車・・・21.2km/L
タントターボ車・・・20.0km/L

タントよりも4km/Lほど燃費が悪いです。


実燃費は、NA車が16km/L程度、ターボ車が15km/L程度です。


「ウェイクの燃費、14~14.5km/Lくらいしか出ないなあ。冷房つけてたから仕方がないかもしれないけど、燃費はあまり良くない。」

といった声があがっています。

ウェイクの欠点その3:横風にあおられる

ウェイクは背が高いので、横風に煽られやすく、安定感に欠けます。


高速道路はもちろん、一般道でも風が強いと不安定さを感じてしまいます。


「ウェイク初めて乗ったけど、横風めっちゃ受けてちょっと怖い。背が高すぎるかな。」

「ウェイク、横風に弱いな。ちょっとハンドル取られた。」

といった声があがっています。

スポンサーリンク



ウェイクの欠点その4:センターメーターが見づらい

ウェイクのメーターは、ダッシュボード中央にある、センターメーターです。


センターメーターは、視線の移動が大きい。とあまり評価が高くありません。


センターメーターじゃなければ買ったのに。という声も結構多いです。

「ウェイク、欲しいと思ったけど、センターメーターかよ。」

「ウェイクはセンターメーターじゃなかったら買ったのに。」

といった声があがっています。


ウェイクの欠点その5:洗車が大変

ウェイクは背が高く、ボディ面積が広いので、洗車に手間がかかって大変です。


ルーフの洗車は、脚立がないとなかなか届きません。

「ウェイク、背が高いから手洗い洗車大変ー。今度から洗車機でいいや。」

といった声があがっています。


ウェイクの欠点その6:後席のカーテンエアバッグがない

ウェイクは、サイド&カーテンエアバッグが、前席にしかありません。


前席のサイド&カーテンエアバッグは標準装備なのですが、後席はオプションでも設定されていません。


側面衝突の時、サイド&カーテンエアバッグの有無は大切なので、後席にもつけられるようにしてほしいものですね。


ホンダ・N-BOXは、後席にもサイド&カーテンエアバッグが設定されています。

スポンサーリンク



ウェイクの欠点その7:エアコンが効かない

ウェイクは車体が大きいので、エアコンが効くのに時間がかかります。


後部座席に風を送るサーキュレーターも搭載されていません。


猛暑日の後部座席は、キンキンには冷えないと思っておいたほうが良いでしょう。


ウェイクの長所その8:価格が高い

ウェイクは、スーパーハイトワゴンの中でも一番高いくらいの車です。


タントよりも約10万円ほど高いです。


ターボを選んだ方が良いので、ターボ車だと174万円~で、総額200万円を超えるのも珍しいことではありません。


「ウェイク欲しいんだけど、コミコミ200万超えるのかー。車高だけじゃなくて、値段も高いな。」

といった声があがっています。

スポンサーリンク



ウェイクの長所、メリット、良いところ

ウェイクの長所その1:車内が広い

ウェイク最大の魅力は、車内が広いということです。


タントよりも背が高い車。というイメージを持っている方が多いかもしれませんが、室内高が高いだけではありません。


ウェイクの室内寸法は、室内長2,215mm✕室内幅1,345mm✕室内高1,455mm

タントの室内寸法は、室内長2,180mm✕室内幅1,350mm✕室内高1,370mm


室内長、室内幅、室内高、全てタントよりも広くなっています。


ウェイクの長所その2:2人で車中泊できる

ウェイクは、シートをフラットにすると、2人で車中泊をすることができます。

タントよりも室内長が長く、室内高も高いので、ゆとりをもって寝ることができます。


タントだと、170cm超えの大人2人の車中泊はちょっと厳しいのですが、ウェイクなら可能です。(それでも横幅の狭さは感じますが)


他に車中泊に向いている軽自動車として、ホンダのN-VANがあります。


N-VANの方が、フラットにした時の段差が少ないので、隙間を埋めるための工夫が少なくて、楽かもしれません。


ウェイクの長所その3:アウトドアに使いやすい

ウェイクのシートは、全て撥水加工がされています。ラゲージ側は防水加工がされています。


また、助手席シートを前に折りたたむと、背面がテーブルになるなど、アウトドアでの使い勝手が追求された車です。


まとめ

ウェイクは、圧倒的な広さがとても魅力的な車です。


その一方で、大きくて重いからことからくるデメリットも結構多い車です。


ウェイクの長所、欠点を理解して、後悔のないようにしたいですね♪


車の買い替えを検討中の方へ

クルマを売るなら、一括査定を使わないともったいないです。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪



下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク