クルマのクチコミ

車の値引き、口コミ、評判、長所、短所、メリット、デメリットを詳しく紹介します

>>あなたの愛車、今いくら?最短30秒で完了!無料査定

今、買取相場が上がっています。高く売るなら、今がチャンスです。

【2022年 新型セレナ(e-POWER)欠点/後悔/短所/長所/メリット/デメリット】買って後悔しないために。デザインがかっこいい、値段が高すぎる、など

スポンサーリンク


2022年11月28日更新
セレナのフルモデルチェンジが発表されたので、順次新型の情報を更新していきます。


日産、セレナには、どんな欠点、長所があるのでしょうか。


新型セレナ


ここでは、セレナの欠点、短所、長所、口コミ、評判を中心に紹介します。

セレナ購入の参考にしてもらえればと思います。

新型セレナの欠点、デメリット、長所、メリット

新型セレナは、大きなVモーショングリルの中にヘッドライトが入っている大胆なデザインが、かっこいい。と好評です。



一方の欠点では、値段が高い。という声が多くみられます。

新型セレナは、先代モデルよりも全体的に20万円ほど高くなっています。

特に、最上級グレードのe-POWERルキシオンは479万円と、総支払額では500万円を軽く超えてしまうような価格設定となっています。


エルグランドユーザーの取り込みも狙っているのでしょうが、高くなったことは否定できません。


新型セレナの長所、欠点は、今後さまざまな情報が集まってくるでしょうから、今後更新します。

スポンサーリンク


ここから先は、先代セレナの情報です。

セレナの欠点、短所、デメリット、不満の声

まずは、セレナの欠点、短所、デメリットなど、後悔の声、悪い口コミ、評判を紹介します。

セレナの欠点その1:デザインが派手すぎる

セレナは、マイナーチェンジで、特にハイウェイスターのデザインが派手に生まれ変わりました。


マイナーチェンジ後から、デザインが派手すぎる。マイナーチェンジ前のデザインの方が良かった。という声があがっています。



その後発売されたSUVのキックスも似たようなフロントグリルになったので、日産の車は、今後こういったデザインの車が増えていくのかもしれません。

スポンサーリンク



セレナの欠点その2:ガソリン車の加速が悪い

セレナは、ガソリン車(正確にはS-HYBRIDですが、e-POWERではない方という意味でのガソリン車)の加速が悪いです。


0km/hから100km/hに達するまでの時間は、

セレナ・・・約11秒

ノア、ヴォクシー・・・約10.5秒

ステップワゴン・・・約8.2秒



軽自動車かと思うほど遅い。と言われていることもありますが、軽自動車はターボ車でも12~13秒程度の車が多いので、さすがに軽よりは速いです。


ちなみにe-POWERは8.5秒程度と、速いです。


セレナの欠点その3:高速燃費が悪い

セレナ、特にe-POWERは、高速道路、高速域での実燃費が悪いという特徴があります。


これはe-POWERの仕組みによるものです。


e-POWERは、エンジンは発電専用で、直接走行に関わることはできません。

負荷のかかる高速域では、常に発電用のエンジンを回す必要があるので、本当は、エンジンで発電→バッテリーに充電→モーターで走行とするよりも、エンジンで直接走行した方が燃費には有利です。

しかし、e-POWERではエンジンのパワーを直接走行に使うことができません。


ですから、エンジンでも直接走行することができるノア・ヴォクシーや、ステップワゴンのハイブリッド車よりもどうしても不利になってしまいます。



高速道路での燃費は、もちろん条件にもよりますが、都市高速ではなく東名、名神といった高速道路で渋滞していない場合、以下のようなデータがあります。

セレナe-POWER・・・17km/L程度

ノア、ヴォクシーハイブリッド・・・21km/L程度

ステップワゴンハイブリッド・・・18km/L程度


セレナの欠点その4:乗り降りの高さが高い

セレナは、ノア/ヴォクシーや、ステップワゴンと比べて、乗り降りする時の床面の高さ(床面地上高)が高いです。


床面地上高は、おおよそ、以下の数値です。

セレナ・・・約440mm
ノア/ヴォクシー・・・約370mm
ステップワゴン・・・約390mm


足の弱い方が乗り降りする時は、床面地上高が低い方が乗り降りしやすいです。


セレナの欠点その5:アラウンドビューモニターが見づらい

日産車には、車を上から見下ろした映像を映すことができる、アラウンドビューモニターが搭載されていますが、セレナでは、この映像がメーター内のディスプレイに表示されます。

メーター内のディスプレイは、カーナビよりも小さく、奥にあるので、カーナビに表示されるものよりも見づらい。というデメリットがあります。


<追記>
2018年に発売されたセレナe-POWERでは、アラウンドビューモニターの映像をカーナビ画面に映せるようになりました。


クルマを売る前に、自分の車がいくらで売れるのかを知っておきましょう。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪



下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。


高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク



セレナの長所、メリット

次に、セレナの長所、メリット、良い口コミ、評判を紹介します。

セレナの長所その1:シートアレンジが便利

セレナは、センターコンソールの部分をスライドさせることで、7人乗りにも、8人乗りにもすることができます。

一般的なミニバンは、「7人乗り仕様」と「8人乗り仕様」が分かれているのですが、シートアレンジによって7人乗り、8人乗りを切り替えることができるのは、セレナの特徴です。


セレナの長所その2:ハンズフリーオートスライドアが便利

セレナには、スライドドアの下に足を入れるだけでドアを開閉できる、「ハンズフリーオートスライドドア」という機能が採用されています。

両手がふさがっている時にとても便利な機能です。


セレナの長所その3:e-POWERの静粛性が高い

セレナe-POWERは、静粛性が高いと好評です。


私も乗ったことがありますが、ノアやヴォクシーのハイブリッド、ステップワゴンよりも静かだと感じました。


e-POWERではない方(S-HYBRID)は、ノアやヴォクシーと同じくらい、ステップワゴンよりは少し静かだと感じました。

スポンサーリンク



セレナの長所その4:プロパイロットが便利

セレナには、日産自慢の運転支援技術、プロパイロットが採用されています。


プロパイロットは、高速道路上で、ハンドル、アクセル、ブレーキの操作を支援してくれる機能です。

実際、ドライバーはほとんど介入しなくても、ほとんど自動運転と言っても良いくらいの支援をしてくれます。


一応、高速道路上での運転支援技術ということでアピールされていますが、広いバイパスなどでも結構使える機能です。


セレナの長所その5:先進機能が充実している

セレナには、「360°セーフティアシスト」として、前方、側方、後方の予防安全機能が充実しています。


・インテリジェントエマージェンシーブレーキ
・インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)
・アダプティブLEDヘッドライトシステム
・ハイビームアシスト
・踏み間違い衝突防止アシスト
・プロパイロット
・インテリジェントLI+LDW
・インテリジェントBSI+BSW
・標識検知機能
・おすすめオプション
・RCTA(後退時車両検知警報)
・インテリジェントアラウンドビューモニター
・インテリジェントルームミラー


このクラスのミニバンとして、トップレベルに充実しています。

セレナの長所その6:ハンドルが軽い

セレナは、ハンドルが軽めに設定されています。

長所とするか、短所とするか迷いましたが、ハンドルが軽いと街乗りでは楽は反面、高速運転では細かな修正が必要で、大変になってきます。

プロパイロットを使えばハンドル操作にも支援が入るので問題ないでしょうが、プロパイロットがついていないグレードだと、ちょっと疲れる。という声が挙がっています。


集計すると、ハンドルが軽くて楽。という声の方が多かったので、長所としておきました。


セレナの特徴まとめ

セレナの大きな特徴は、「e-POWER」と、「プロパイロット」です。


e-POWERは、静かで先進的な走行を楽しむことができる反面、高速燃費が悪いという欠点があります。


プロパイロットは、ホンダのステップワゴンのホンダセンシングにも車線維持支援システムや、アダプティブクルーズコントロール機能が搭載されていますが、それよりも精度が高く、優れていると感じます。


この他にも、独特なシートアレンジ、ハンズフリーオートスライドドアなど、便利な機能も採用されています。


セレナの長所、欠点を理解して、後悔のないようにしたいですね。


セレナ購入の前に

クルマを売るなら、一括査定を使わないともったいないです。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪



下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク