クルマのクチコミ

車の値引き、口コミ、評判、長所、短所、メリット、デメリットを詳しく紹介します

>>あなたの愛車、今いくら?最短30秒で完了!無料査定

今、買取相場が上がっています。高く売るなら、今がチャンスです。

【2022年11月】新型セレナ、値引き/納期最新情報。ガソリン車、e-POWER、ハイウェイスター、ルキシオン、X、XVなどが登場。2022年11月にフルモデルチェンジ

スポンサーリンク


2022年11月28日更新

セレナがフルモデルチェンジされたので、順次新型セレナの情報に更新していきます。


セレナは、2022年11月28日にフルモデルチェンジされました。




新型セレナの購入を考えている方、納期はどれくらいかかるのか。どれくらいまで値引きができるのか。気になりますよね。


ここでは、新型セレナの納期や値引きについての情報を紹介します。


セレナ購入の参考にしてもらえればと思います。


新型セレナ

新型セレナの納期は、どれくらいになるのか

新型セレナの納期に関する情報が少しずつ入ってきていますが、今の段階であれば、3ヶ月~4ヶ月程度が目安となるようです。

e-POWERよりも、ガソリン車の方が早いようです。


ノア・ヴォクシーの納期が1年を超えるような事態になっていることに比べれば、短いですね。


値引きに関しては、新型車であるため、厳しい。という情報が多いです。


今後詳しい情報が入ってくるでしょうから、更新します。

スポンサーリンク


ここから先は、現行セレナの少し前の情報です。

セレナの納期最新情報

2022年8月時点でのセレナの納期は、約3ヶ月となっています。


2018年にe-POWERが追加された直後は、e-POWERだけ納期が長くなっていましたが、今現在は、ガソリン車(S-HYBRID)、e-POWER、各グレードごとに納期の大きな差はありません。


半導体不足の中、モデル末期ということもあり、納期は短い方です。

スポンサーリンク



セレナの値引きはどれくらい?値引き相場、限界額

セレナの値引き相場(ライバル車との競合をそれほど頑張らなくても引き出せる値引き額)は、車両本体価格から、10~20万円程度です。



セレナ、2022年8月の値引き目標は、

車両本体価格からの値引きは、ガソリン車(S-HYBRID)で30万円、e-POWERは40万円です。


オプションからの値引きは、メーカーオプション価格の2割です。


このクラスのミニバンは競争が激しいので、20万円~30万円の値引きを引き出すことは十分に可能です。


セレナで値引き80万~100万円くらい出せますか?と聞かれることがありますが、最上級グレードにオプションをよほどモリモリにしない限り、車両本体とオプションからの値引きで80万円は、厳しいです。


あとの項目で紹介しますが、下取り価格を含めれば、80万円以上安くなる可能性は十分にあります。


値引き交渉に使えるライバル車、値引き交渉方法

セレナの値引き交渉に使えるライバル車は、「ノア」「ヴォクシー」「ステップワゴン」です。


どれも、最近フルモデルチェンジがされたばかりのモデルです。



ライバル車の見積もりを出して、


「ステップワゴンのターボエンジンが気になっているけど、セレナが安くなるなら。」とか、

「家族、自分がトヨタと付き合いがあるからノア、ヴォクシーを考えているが、セレナが安くなるなら。」とか、

「5ナンバーサイズミニバンを考えているけど、セレナe-POWERはちょっと高いから、悩んでいる。」


といった風に話を切り出し、より大きな値引きを引き出しましょう。


セレナはモデル末期、ライバル車は新型ですから、積極的に値引きをしてもらえます。


今の車を高く売ることも大切

少しでも大きな値引きを引き出すことも大切ですが、今の車を高く売ることも大切です。



新車を購入する時は、今乗っている車をディーラーに下取りしてもらうのが普通ですよね。

この下取りがクセモノで、買取業者に売るよりも安くしか下取りしてもらえないことが多いんです。



買取業者に車を売ったことがない方は、一度査定をしてみると下取り価格との差に驚くと思います。



買取業者の査定額をディーラーに提示して、買取業者の査定額と同等の下取り額を出してくれるのであれば、ディーラーに下取りをしてもらった方が、新車の受け取りと同時に引き渡すことができるので、楽です。


そこまでの下取り額を出してくれないのであれば、多少手間をかけてでも買取業者に売却することをおすすめします。


はじめに提示する下取り額は低めの金額を出すのがお決まりなので、「買取業者で○○円になると言われた」と言えば、下取り額が10万円単位で上がることもめずらしくありません。


クルマを売るなら、一括査定を使わないともったいないです。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪



下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

この下取り価格のアップを含めれば、70万~80万円安く買える可能性は、十分にあります。

スポンサーリンク



各グレードの装備

セレナには、大きく分けて「X」「XV」「ハイウェイスター」「ハイウェイスターV」「ハイウェイスターG」の5グレードが設定されています。


各グレードの主な装備を紹介します。


X

・15インチスチールホイール
・ハロゲンヘッドランプ
・IRカット&スーパーUVカット断熱グリーンガラス
・ファブリックシート


XV

Xグレードから追加、変更されている装備


・両側パワースライドドア
・ステアリングスイッチ
・6スピーカー
・TVアンテナ
・GPSアンテナ


ハイウェイスター

・15インチアルミホイール
・ハロゲンヘッドランプ
・ジャガードファブリックシート
・本革巻ステアリング


ハイウェイスターV

ハイウェイスターから追加、変更されている装備


・16インチアルミホイール
・LEDヘッドランプ
・アダプティブLEDヘッドライトシステム
・両側ハンズフリーパワースライドドア


ハイウェイスターG

ハイウェイスターVから追加、変更されている装備


・本革巻シフトノブ
・合成皮革シート


グレード間、パワートレイン間の価格差

セレナのグレード間、パワートレイン間の価格差は、


Xと、XVの価格差は、約16万円

XVとGの価格差は、約32万円

ハイウェイスターとハイウェイスターVの価格差は、約23万円

ハイウェイスターVとハイウェイスターGの価格差は、約24万円

ガソリン車とe-POWERの価格差は、約42万円です。


<追記>
現在は注文できるグレードがかなり絞られてきています。



ノアやヴォクシー、ステップワゴンと競合させて大きな値引きを引き出し、さらに下取りよりも高く買い取ってくれる買取業者を見つけることで、差額で上級グレードにすることができるかもしれません。



値引き交渉、今乗っている車の売却には、競合車と相見積もりを取る、一括査定を利用するなど、ひと手間かけましょう。



クルマを売る前に、自分の車がいくらで売れるのかを知っておきましょう。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪



下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。


高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク



セレナ関連記事

kurucomi.hatenablog.com