クルマのクチコミ

車の値引き、口コミ、評判、長所、短所、メリット、デメリットを詳しく紹介します

>>あなたの愛車、今いくら?最短30秒で完了!無料査定

【2022年最新】ルークス(ハイウェイスター)値引き/納期最新情報。値引き相場、値引き限界額、交渉術を紹介。納期は、約2~3ヶ月

スポンサーリンク


2022年2月11日更新

人気のプロパイロットを搭載して2020年3月に発売された、新型ルークス。


ルークス


日産ルークスの納期はどれくらいかかるのか。どれくらいまで値引きができるのか。気になりますよね。


ここでは、ルークスの納期最新情報と、値引きについての情報を紹介します。

ルークスの納期最新情報

2022年2月の、ルークスの納期は、約2~3ヶ月となっています。


2020年にフルモデルチェンジされてしばらくの間は、3~4ヶ月程度でしたが、短くなってきました。


グレード、オプションによる大きな納期の違いはありません。

スポンサーリンク



ルークスの値引き相場、値引き限界額

ルークスの値引き相場(ライバル車との競合をそれほど頑張らなくても引き出せる値引き額)は、5万円程度です。



ルークス、2022年2月の値引き目標は、

車両本体価格からの値引きは、プロパイロットエディション以外は車両本体価格から15万円、プロパイロットエディションは車両本体価格から20万円です。です。


オプションからの値引きは、メーカーオプション価格の2割です。


それでは、具体的にどうやって値引きを拡大させていくのか、紹介します。


ルークスの値引き交渉には、タント、スペーシアとの競合が有効

ルークスの値引き交渉には、スーパーハイトワゴンのライバル、ダイハツ・タント、スズキ・スペーシアとの競合が有効です。


スーパーハイトワゴンには、N-BOXもありますが、N-BOXは一番人気で、ルークスよりも値引きが渋い傾向にあるので、比較対象には、ルークス以外の方がおすすめです。


自分が欲しいルークスに近い価格になるように、グレード、オプションを合わせて、値引き交渉をしてみましょう。



軽自動車は、比較的値引きの渋い車が多いのですが、スーパーハイトワゴンは一番競争が激しいジャンルなので、軽自動車にしては大きな値引きを引き出すことができます。


日産ディーラー同士での値引き交渉も有効

日産ディーラーは、同じ県内でも、複数の会社が店舗を運営しています。


トヨタのように看板が違うわけではないので少し分かりづらいですが、「○○日産自動車」「日産プリンス○○」「日産サティオ○○」などのように、会社名が違う店舗同士なら見積もりを比較して値引き交渉することが可能です。



まずは、タント、スペーシアと競合させてある程度の値引きを引き出した上で、最後に違う会社が運営しているディーラーで交渉をしましょう。


今の車を高く売ることも大切

ルークスを少しでも安く買うには、今の車を高く売ることも大切です。



新車を購入する時は、今乗っている車をディーラーに下取りしてもらうのが普通ですよね。

この下取りがクセモノで、買取業者に売るよりも安くしか下取りしてもらえないことが多いんです。



買取業者に車を売ったことがない方は、一度査定をしてみると下取り価格との差に驚くと思います。



買取業者の査定額をディーラーに提示して、買取業者の査定額と同等の下取り額を出してくれるのであれば、ディーラーに下取りをしてもらった方が、新車の受け取りと同時に引き渡すことができるので、楽です。


そこまでの下取り額を出してくれないのであれば、多少手間をかけてでも買取業者に売却することをおすすめします。


はじめに提示する下取り額は低めの金額を出すのがお決まりなので、「買取業者で○○円になると言われた」と言えば、下取り額が10万円単位で上がることもめずらしくありません。


少しでも車を高く売るには、一括査定を利用することです。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪

スポンサーリンク



ルークス、各グレードの比較

ルークスには、「S」「X」「ハイウェイスターX」「ハイウェイスターX プロパイロットエディション」「ハイウェイスターGターボ」「ハイウェイスターGターボプロパイロットエディション」「AUTECH」7グレードが設定されています。

ルークス、Sグレードの装備

・14インチスチールホイール&ホイールカバー
・ハロゲンヘッドランプ
・電動格納式リモコンカラードドアミラー
・スーパーUVカットグリーンガラス
・キーレスエントリー
・マニュアルエアコン
・助手席側電動スライドドア
・SRSサイドエアバッグシステム
・プロパイロット
・アダプティブLEDヘッドライトシステム
・フロント&バックソナー
・インテリジェントエマージェンシーブレーキ
・踏み間違い衝突防止アシスト
・インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)
・インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)
・インテリジェントDA(ふらつき警報)
・標識検知機能
・先行車発進お知らせ


ルークス、Xグレードの装備

・サイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラー
・IRカット&スーパーUVカットグリーンガラス
・スマートキー
・オートエアコン
・両側電動スライドドア
・助手席側ハンズフリーオートスライドドア



AUTECHグレードは、Xグレードをベースに特徴的なデザインを採用したグレードです。

スポンサーリンク



ルークス、ハイウェイスターXグレードの装備

・14インチアルミホイール
・LEDヘッドランプ
・USBソケット
・SOSコール


ハイウェイスターXプロパイロットエディションの装備

・アダプティブLEDヘッドライトシステム
・電動パーキングブレーキ
・両側ハンズフリーオートスライドドア
・プロパイロット

ハイウェイスターGターボの装備

・本革巻ステアリング
・ターボエンジン
・ハイビームアシスト


ハイウェイスターGターボプロパイロットエディションの装備

・電動パーキングブレーキ
・プロパイロット


ルークスの価格

S・・・141万5,700円
↓ +13万900円
X・・・154万6,600円
↓ +18万8,100円
ハイウェイスターX・・・173万4,700円
↓ +1万3,200円
AUTECH・・・174万7,900円
↓ +7万5,900円
ハイウェイスターGターボ・・・182万3,800円
↓ +1万9,800円
ハイウェイスターXプロパイロットエディション・・・184万3,600円
↓ +8万9,100円
ハイウェイスターGターボプロパイロットエディション・・・193万2,700円



値引き交渉、今乗っている車の売却には、競合車と相見積もりを取る、一括査定を利用するなど、ひと手間かけましょう。


ライバル車と競合させ、さらに下取りよりも高く買い取ってくれる買取業者を見つけることで、差額で上級グレードにすることができるかもしれません。


>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪

スポンサーリンク



ルークスの関連記事

kurucomi.hatenablog.com