クルマのクチコミ

車の値引き、口コミ、評判、長所、短所、メリット、デメリットを詳しく紹介します

【N-BOX 評判/欠点/不満/短所/長所/口コミ】かっこ悪い、ダサい、値段が高い、燃費が悪い、視界が良い、パワーがある、など

スポンサーリンク


2019年まで、5年連続で軽販売台数No1を獲得している、ホンダ・N-BOX。


N-BOXには、どんな欠点、長所があるのでしょうか。


ネット上の情報や、ディーラー営業の友人からの情報を集計して、欠点、短所、長所、口コミ評判を中心に紹介します。

今回の記事は、直接営業マンに聞いたお客さんからの声だけでなく、多くのネット上の意見も網羅しています。

N-BOX購入の参考にしてもらえればと思います。


N-BOXの欠点、短所、デメリット、不満の声

まずは、N-BOXの欠点、短所、デメリットなど、後悔の声、悪い口コミ、評判を紹介します。

N-BOXの欠点その1:デザインが前の方が良かった

特にN-BOXカスタムにおいて、先代の方が良かった。という声が多く挙がっています。


カスタムではない方は、先代からそれほどデザインが変わっていないので、可もなく不可もなくというか、デザインに関するコメント自体が少なかったですが、カスタムの方は結構印象が変わっているため、デザインに関するコメントは賛否両論ではありますが、前のモデルの方が良かった。というコメントが特に目に付きました。


先代N-BOXカスタムの方がギラギラ感が強く、いわゆる「マイルドヤンキー」に人気なんて言われていましたが、押し出しの強いデザインが好きな方にとっては、前のモデルの方がウケは良いのかもしれませんね。


現行N-BOXカスタム
f:id:totalcar:20200401105131j:plain
出典https://www.honda.co.jp


先代N-BOXカスタム
f:id:totalcar:20200401105240j:plain
出典https://www.honda.co.jp


発売当初に比べれば、デザインに関する意見は減ってきてはいますが、発売当初は、「カッコ悪い」だとか「ダサイ」だとか結構辛辣なコメントもありました。

スポンサーリンク



N-BOXの欠点その2:価格が高い

N-BOXの価格はスーパーハイトワゴンの中でも高く、最上級グレードはほぼ200万円です。

G 141万1,300円
G・L 154万3,300円
G・EX 164万2,300円
G・Lターボ 173万8,000円
G・EXターボ 179万3,000円
カスタムG・L 174万6,800円
カスタムG・EX 180万1,800円
カスタムG・Lターボ 194万1,500円
カスタムG・EXターボ 199万6,500円


他社のスーパーハイトワゴンの価格をみてみると、


ダイハツ・タントは124万円~185万円

スズキ・スペーシアは136万円~182万円

日産・ルークスは142万円~193万円  です。



N-BOXは、ルークスと並んで高い部類に入ります。


この価格設定でも売れているので大したものですが、軽自動車の中ではトップクラスに高いということには違いありません。


N-BOXの欠点その3:燃費があまり良くない

N-BOXの燃費は、思ったほど良くなかった。あまり伸びない。という声が多く挙がっています。


N-BOXのカタログ燃費は、以下のとおりです。


WLTCモード燃費
NA車21.8km/L
ターボ車20.4km/L


JC08モード燃費
NA車27.0km/L
ターボ車25.6km/L



他社のスーパーハイトワゴンの燃費は、以下のとおりです。


スペーシア
JC08モード燃費
NA車30.0km/L
ターボ車25.6km/L


タント
WLTCモード燃費
NA車21.2km/L
ターボ車20.0km/L

JC08モード燃費
NA車27.2km/L
ターボ車25.2km/L


ルークス
WLTCモード燃費
NA車20.8km/L
ターボ車18.8km/L

JC08モード燃費
NA車27.2km/L
ターボ車22.6km/L


N-BOXの燃費は、たしかに良い方ではないかもしれません。
(実燃費は、スペーシアやタントには劣るようです。ルークスは発売直後でデータが少ないのでまだ不明)

あとの項目で紹介しますが、エンジンがパワフルだということもあるので、ただ単に燃費が悪いだけではありません。


N-BOXの欠点その4:メーターが邪魔

N-BOXは、メーターが少し上の方にあり、メーターフードが盛り上がっています。


f:id:totalcar:20200401094134j:plain
出典https://www.honda.co.jp


そのため、メーターが邪魔だ。という声も、それほど多くはありませんが確認できました。


シートの高さを調節することである程度は対応できますが、身長が低い人にとっては邪魔になるかもしれません。


クルマを売る前に、自分の車がいくらで売れるのかを知っておきましょう。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪



下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。


高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク



N-BOXの長所、メリット

次に、N-BOXの長所、メリット、良い口コミ、評判を紹介します。

N-BOXの長所その1:視界が良い

N-BOXは、スーパーハイトワゴンの中でも、運転席の位置が高めに設定されています。


N-BOXの運転席は、ホンダのステップワゴンと同じくらいの高さに設定されています。


f:id:totalcar:20200401104525j:plain
出典https://www.honda.co.jp


そのため、ミニバンやSUVなど、大きな車の中でも埋もれず、前を見通しやすくなっています。


スーパーハイトワゴンは、どれも視界は結構良いですが、その中でもN-BOXは特に開放感が高いです。

N-BOXの長所その2:インテリアの質感が高い

N-BOXは、欠点の項目で紹介したように価格は高めですが、その分質感はとても高いです。



特にカスタムの質感はとても高く、コンパクトカーを上回るくらいです。

スポンサーリンク



N-BOXの長所その3:エンジンがパワフル

N-BOXは、特に自然吸気エンジンがパワフルです。(最高出力58馬力)


タント、スペーシア、ルークスの自然吸気エンジンは、どれも最高出力52馬力です。


高速道路を走る時など、他社のスーパーハイトワゴンよりも楽だ。N-BOXなら、ターボでなくても大丈夫だ。という声も多く挙がっています。


とはいっても自然吸気は自然吸気なので、頻繁に高速を使うなら、ターボの方を個人的にはおすすめします。


N-BOXの長所その4:長時間運転しても疲れにくい

N-BOXのシートには、普通車と同等のフレームが使われています。


シートに関しては、ルークスやタントもしっかりしていますが、N-BOXのシートは、硬いところは硬く、柔らかいところは柔らかく、メリハリが効いているというか、良い具合に調整されているので、長時間座っていても比較的疲れを感じにくいです。


N-BOXの長所その5:スーパースライドシートが便利

N-BOXの助手席側のシートは、57センチもスライドします。
(タントは38センチ)


前にも後ろにも大きくスライドするので、前にいっぱいスライドさせて、助手席後部のスライドドアから直接運転席に乗り込むこともできますし、後ろにいっぱいスライドさせて、後部座席の荷物をとったり、子供の相手をする。といったこともできます。


助手席がこんなにスライドする車はありません。


スライドシートが採用されているのは、上級グレードのEXと、ターボのみです。


N-BOXの特徴まとめ

軽自動車で一番人気のN-BOXは、普通車にも負けない質感、普通車をしのぐほどの広さ、NAでもパワフルなエンジンが評価されている一方、価格の高さ、燃費がネックになっているようですね。


価格の安さではタントやスペーシアが。

燃費ではスペーシアが優れているので、一度これらの車もチェックしてみると良いかもしれません。


購入後に後悔しないためにも、長所、欠点を理解した上で選びたいですね。


N-BOX購入の前に

クルマを売るなら、一括査定を使わないともったいないです。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪



下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

一括査定について詳しくはこちらで解説しています。不安な方は一度読んでみて❗

スポンサーリンク