クルマのクチコミ

車の値引き、口コミ、評判、長所、短所、メリット、デメリットを詳しく紹介します

>>あなたの愛車、今いくら?最短30秒で完了!無料査定

【日産 キックス 欠点/不満/短所/長所/後悔/メリット/デメリット】安っぽい、加速が良い、かっこいい、荷室が広い、など

スポンサーリンク


2022年5月8日更新

2020年に発売された新型コンパクトSUV、キックス。


キックスには、どんな欠点、長所があるのでしょうか。


ここでは、キックスの欠点、短所、長所、口コミ評判を中心に紹介します。


キックス購入の参考にしてもらえればと思います。

キックスの欠点、短所、デメリット、悪いところ

キックスの欠点その1:e-POWERしかない、グレードが少ない

新型キックスのパワートレインは、ハイブリッド、e-POWERしかありません。


そのe-POWERも2グレード、「X」と「Xツートーンインテリエアディション」の2グレードしか設定されていません。


Xが275万円、Xツートンインテリアエディションが286万円と、価格も高めです。


ホンダ・ヴェゼルハイブリッドは250万円~、C-HRハイブリッドは273万円~なので、C-HRに近い価格ですね。


e-POWERのみにすることで、先進性に注目してもらいたかったのか、利幅を大きく取りたいのかは分かりませんが、ガソリン車も設定してほしかった。という声がおおくあがっています。


キックスの欠点その2:基本設計が古い

キックスは、日本では6月に発売されたばかりの新型車ですが、実は海外では2016年から販売されている車です。


プラットフォームは、マーチなどと同じ、Vプラットフォームです。



ですから、走りや乗り心地は、それほど期待できない。といわれています。


一度試乗して、確認してみたいですね。


<追記>
試乗動画がいくつかあがっています。

街乗りでは静かで、乗り心地がよく、高評価。

攻めるような走り方には向いていない。という評価が多いです。


キックスの欠点その3:インテリアが安っぽい

キックスのインテリアは、レザー調のパッドを使用することで質感を高く見せているものの、基本的なデザインがちょっと古い。とか、Xグレードは安っぽいという声があがっています。


基本的なインテリアの設計は2016年にされたものですから、仕方がないといえば仕方がないかもしれません。


インテリアからは、あまり先進的な印象は受けませんね。


キックスの欠点その4:4WDがない

キックスは、SUVでありながら、FFしか設定されていません。


寒冷地の方や、アウトドアに使いたい方などから、4WDも設定して欲しい。という声があがっています。

確かに、街乗り重視の車とはいえ、SUVなのですから、4WDも用意して欲しいですよね。


<追記>
キックスは、2022年中に4WDが追加されるという情報があります。


キックスの長所、メリット、良いところ

キックスの長所その1:パワフルで、加速が良い

キックスのe-POWERシステムは、ノートに搭載されているものよりパワフルです。(キックスは129ps、ノートは109ps)


重量に対するパワー、パワーウェイトレシオでは、ノートe-POWERを上回っているので、ノートe-POWERよりも加速は良いはずです。


ノートe-POWERでも、十分加速は速いので、キックスも十分な加速力を持っています。

スポンサーリンク



キックスの長所その2:プロパイロットが便利

キックスには、ステアリング、アクセル、ブレーキを自動で操作してくれる、プロパイロットが搭載されています。


ヴェゼルに搭載されているホンダセンシングにも、アダプティブクルーズコントロール、車線維持支援システムがありますが、プロパイロットの方が精度が高い印象です。


e-POWERの静粛性も高いので、ロングドライブがかなり楽なのは間違いないです。


キックスの長所その3:先進機能が充実している

新型キックスは、プロパイロット以外の先進機能も充実しています。


キックスに搭載されている先進機能は、以下のとおりです。

・プロパイロット
・インテリジェントアラウンドビューモニター
・インテリジェントエマージェンシーブレーキ
・インテリジェントLI/LDW(車線逸脱警報)
・インテリジェントDA(ふらつき警報)
・踏み間違い衝突防止アシスト
・フロント&バックソナー
・SOSコール
・ハイビームアシスト
・インテリジェントトレースコントロール(コーナリング安定性向上システム)
・インテリジェントルームミラー


元々2016年に発売された車ですが、しっかり充実しています。


キックスの長所その4:かっこいい

新型キックスは、インテリアの評判はあまり良くないのですが、エクステリアは、かっこいい。と高評価です。



大きなVモーショングリルが特徴的です。ジュークのように奇をてらうこともなく、王道のデザインですね。


キックスの長所その5:室内、荷室が広い

キックスは、スペース重視のスタイルで、比較的室内、荷室が広いです。


【室内寸法】
キックス
室内長1,920mm✕室内幅1,420mm✕室内高1,250mm

C-HR
室内長1,800mm✕室内幅1,455mm✕室内高1,210mm

ヴェゼル
室内長1,930mm✕室内幅1,485mm✕室内高1,265mm

ジューク
室内長1,835mm✕室内幅1,470mm✕室内高1,215mm



【荷室容量】
キックス・・・432L

C-HR・・・318L

ヴェゼル・・・393L

ジューク・・・354L


室内空間はヴェゼルに次いで広く、荷室は一番広いです。


まとめ

キックスは、プロパイロットやe-POWERが搭載されているなど、今の日産の人気の要素が詰め込まれた車です。


その一方で、基本設計は少し古く、価格は高めです。


キックスの長所、欠点を理解して、後悔のない車選びをしたいですね♪


キックス購入の前に

クルマを売るなら、一括査定を使わないともったいないです。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪


下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

一括査定について詳しくはこちらで解説しています。不安な方は一度読んでみて❗

スポンサーリンク