クルマのクチコミ

車の値引き、口コミ、評判、長所、短所、メリット、デメリットを詳しく紹介します

>>あなたの愛車、今いくら?最短30秒で完了!無料査定

【新型ハスラー 評判/欠点/不満/短所/長所/口コミ】乗り心地が悪い、加速が悪い、かっこ悪い、広い、燃費が良い、など

スポンサーリンク


2022年5月9日更新

大人気のハスラーには、どんな欠点、長所があるのでしょうか。


ここでは、ハスラーの欠点、短所、長所、口コミ評判を中心に紹介します。

新型ハスラー購入の参考にしてもらえればと思います。

ハスラーの欠点、短所、デメリット、不満の声

まずは、ハスラーの欠点、短所、デメリットなど、不満の声、悪い口コミ、評判を紹介します。

ハスラーの欠点その1:インテリアの質感が低い

新型ハスラーのインテリアはおもちゃっぽい、ごちゃごちゃしている。という声があがっています。


エクステリアがキープコンセプトであるのに対し、インテリアのデザインが大きく変わったので、前の方が良かった。という声も多く見かけます。

デザインを大きく変えると賛否両論あるのは仕方がないことですが、ハスラーに関しては、「もっと普通で良かったのに。」という意見が多くなっています。


ハスラーの欠点その2:乗り心地が悪い

新型ハスラーは、乗り心地が悪い。という声もあがっています。


乗り心地が悪い。というのは前のモデルでも言われていたことですが、残念ながらあまり改善されていません。


個人的な意見になりますが、スズキの軽自動車は、ダイハツやホンダに比べると乗り心地は悪い車が多いかな。と思います。


乗り心地の改善よりも軽量化に注力している印象です。


ハスラーの欠点その3:NA車の加速が悪い

新型ハスラーは、NA車の加速が悪い。という声もちらほら見かけられました。



スズキの車は比較的軽く、ハスラーも800kg台なのに、なぜかな?と思って営業マンの友人に聞いたところ、「ハスラーは新型になってエンジンの出力が落ちているので、それが関係しているのではないか。」ということでした。


ハスラーのNAエンジンの最高出力は、現行モデルが49ps、先代モデルが52psとなっています。



YouTubeで加速動画を探してみたところ、0-100km/h加速は、ワゴンRが15.2秒、ハスラーが18.3秒となっていました。

これだけ違うと、確かに遅いと言われてしまっても仕方がありませんね。


クルマを売る前に、自分の車がいくらで売れるのかを知っておきましょう。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪



下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。


高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク



ハスラーの長所、メリット

次に、ハスラーの長所、メリット、良い口コミ、評判を紹介します。

ハスラーの長所その1:デザインが親しみやすい

新型ハスラーのエクステリアは、好評だった先代モデルのデザインを受け継いでおり、とても評価が高いです。


新型ハスラー


ちょっとレトロ風なデザインになったので、その点がかっこ悪い。とか、先代モデルから代わり映えしないからつまらない。という声はあるものの、おおむね好意的な意見が多くなっています。


ハスラーの長所その2:広い

新型ハスラーは、先代よりも室内が広くなっており、口コミでも広さに関しては、広くて使いやすい。という声が多く挙がっています。


現行ハスラーの室内寸法は、室内長2,215mm✕室内幅1,330mm✕室内高1,270mmです。

先代ハスラーの室内寸法は、室内長2,035mm✕室内幅1,295mm✕室内高1,250mmです。

先代モデルと比べると、室内長、室内幅、室内高全てが広くなっていることがわかかります。


実際のところ、ワゴンRに比べると少し狭いのですが、口コミ、評判としては、十分に広い。という意見が多くなっています。


ハスラーの長所その3:燃費が良い

新型ハスラーは全グレードがハイブリッドとなっており、燃費が良い。という声が多く挙がっています。


新型ハスラーの燃費は、NA車が25.0km/L、ターボ車が22.6km/Lです。(WLTCモード燃費)

実燃費は、NA車が22km程度、ターボ車が20km/L程度となっています。


ハスラーの燃費は、スズキの軽自動車の中では悪い方なのですが、スズキの軽自動車はどれも低燃費なので、その中で少しくらい悪くても気にならない。ということですね。


ハスラーの長所その4:雪道でも走りやすい

新型ハスラーは大きなタイヤを履いていて全高が高いので、雪道でも走りやすくなっています。


もちろん、全グレードに4WDも設定されています。

4WD車には、「グリップコントロール」「スノーモード」といった悪路、雪道を走行するためのモードが設定されています。


スズキの軽自動車の中では、ジムニーの次に雪道に向いている車であり、山道を走るわけでなければ、雪国でも十分に対応することができます。


ハスラーの長所その5:先進機能が充実している

ハスラーは、2020年に発売されたばかりの新型車ということもあり、先進機能が充実しています。


・デュアルカメラブレーキサポート
・後退時ブレーキサポート
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・車線逸脱抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・標識認識機能
・アダプティブクルーズコントロール
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト
・全方位モニター用カメラ



また、サイドエアバッグ、カーテンエアバッグも標準装備となっています。これは、先代モデルにはなかったので、大きな進化です。


サイド&カーテンエアバッグは、結構大事です。


<追記>
その後の改良で、アダプティブクルーズコントロールと車線逸脱抑制機能が全車標準装備に。

全方位モニター付メモリーナビゲーション装着者にすれ違い支援機能が追加されるなそ、さらに充実しています。


ハスラーの特徴まとめ

ハスラーは、先代と同じく、一番高い評価をされているのはデザイン、特にエクステアリアです。


ハスラーはデザインだけで売れている。と言っても過言ではありません。
(もちろん、それ以外にも良いところはありますけどね)


デザインにこだわらないのなら、燃費が良く、価格も安いワゴンRの方が良いのではないかと思います。


購入後に後悔しないためにも、長所、欠点を理解した上で選びたいですね。


ハスラー購入の前に

クルマを売るなら、一括査定を使わないともったいないです。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪



下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

一括査定について詳しくはこちらで解説しています。不安な方は一度読んでみて❗

スポンサーリンク


ハスラーの関連記事

kurucomi.hatenablog.com