クルマのクチコミ

車の値引き、口コミ、評判、長所、短所、メリット、デメリットを詳しく紹介します

>>あなたの愛車、今いくら?最短30秒で完了!無料査定

今、買取相場が上がっています。高く売るなら、今がチャンスです。

【デリカD5 後悔/欠点/不満/短所/長所/メリット/デメリット】ディーゼルのみ、燃費が悪い、乗り心地が悪い、かっこいい、走破性が高い、など

スポンサーリンク


2022年10月8日更新

2019年にモデルチェンジされて、ダイナミックシールドデザインや、新型ディーゼルエンジンが搭載された、デリカD5。


デリカD5には、どんな欠点、長所があるのでしょうか。


ここでは、デリカD5の欠点、短所、長所、口コミ評判を中心に紹介します。


デリカD5購入の参考にしてもらえればと思います。

デリカD5の欠点、短所、デメリット、悪いところ

デリカD5の欠点その1:ディーゼルエンジンの音が気になる

デリカD5は、ガソリン車が廃止され、ディーゼル車のみが販売されています。


ディーゼルエンジンは、どうしても「ガラガラ」という独特な音がしてしまうものですが、これが気になる。という声が多くあがっています。


クリーンディーゼルエンジンとして、マツダのエンジンと比較されることが多いのですが、ナチュラルサウンドスムーザーを搭載するマツダの方が静かに感じます。

「クリーンディーゼルのデリカD5、高速ではそんなに気にならないけど、街乗りではディーゼルのエンジン音が気になる。」

といった声があがっています。



マイナーチェンジで改善されているようで、そういった声が減っているのも事実です。

許容範囲かどうか、実際に試乗してみることをおすすめします。


デリカD5の欠点その2:燃費が悪い

デリカD5の2.2Lディーゼルターボ車の燃費は、WLTCモード燃費で、12.6km/Lです。


車重が重いので仕方がない部分もありますが、CX-8の2.2Lディーゼルターボ車が、最高出力も強く、燃費が15.4km/Lであることと比較して、マツダの方がエンジンは優れている。という声が多いです。


ただ、マツダにはSUVはないので、直接競合しないのが幸いですね。

スポンサーリンク



デリカD5の欠点その3:乗り心地が悪い

デリカD5は、ミニバンとしてはゴツゴツした乗り心地で、乗り心地はあまり良くありません。


ミニバンは、大人数で快適に移動することを目的とした車が多いなか、デリカD5は、走行性能を重視しており、乗り心地と相反する部分なので、仕方がないことではあります。


ただし、マイナーチェンジで乗り心地は改善されており、ふわふわ系が好きな人には向かないかもしれませんが、個人的には、そんなに悪いとは感じません。


デリカD5の欠点その4:値段が高い

デリカD5は、ガソリン車が廃止され、グレードが集約されたことで、価格は391万円~と、高めです。


【デリカD5の価格】
M・・・391万3,800円~
G・・・401万5,000円~
G Power Package・・・425万1,500円~
P・・・438万7,900円~


エントリー価格でいえば、352万円~のアルファード、338万円~のエルグランドよりも高い価格設定です。


もちろん、ディーゼルエンジンを搭載していることや、他車よりも高い走破性を持っていることなどを考えると、単純に比較はできませんが、一般的に高級ミニバンと言われる車よりも高いのは事実です。


デリカD5の欠点その5:アドブルーの補充が面倒

現行デリカD5のクリーンディーゼルエンジンは、アドブルーという、尿素水を定期的に補充しなければいけません。


1万キロに1回程度で良いので、実際そんなに手間になるわけではないのですが、一般的な乗用車にはないことなので、面倒くさそう。と思う人もいるようです。


デリカD5の欠点その6:乗り降りがしづらい

デリカD5は、最低地上高が高く、床面が高いので、足が悪い人にとっては、乗り降りがしづらい車です。


デリカD5の最低地上高は、185mmです。


ちなみに、アルファードの最低地上高は170mm、エルグランドの最低地上高は150mmです。


高い最低地上高は、デリカD5ならではの走破性を実現するためのものなるので、仕方がないことです。

スポンサーリンク



デリカD5の長所、メリット、良いところ

デリカD5の長所その1:デザインがカッコイイ

デリカD5は、マイナーチェンジで、ダイナミックシールドデザインに生まれ変わりました。


このデザインは、カッコイイ。と評判です。


インテリアも、以前は安っぽいという声もありましたが、マイナーチェンジで、質感が高くなりました。


デリカD5の長所その2:走破性が高い

デリカD5の最大の特徴。それは、SUVにも負けない走行性能の高さです。


様々な路面状況に合わせて、全てのタイヤのグリップ力を最大限伝える4WDシステム。


アプローチアングル21°、デパーチャーアングル23°、最低地上高185mmなど、国産ミニバンとしては最高の走破性を持っています。

スポンサーリンク



デリカD5の長所その3:エンジンがパワフル

デリカD5には、2.3Lディーゼルターボエンジンが搭載されています。


国産ミニバンでディーゼルエンジンが搭載されているのは、デリカD5だけです。


【2.3Lディーゼルターボエンジン】
最高出力・・・145ps/3500rpm
最大トルク・・・38.7kgf・m/2000rpm


ディーゼルエンジンは、低い回転数から太いトルクがでるのが特徴で、これも、悪路走破性の高さにつながります。


まとめ

長所と短所を並べると、短所の方が多くなってしまいましたが、デリカD5は、特徴的なデザインと、走破性の高さで選ばれるクルマです。


燃費や乗り心地といった普段の使い勝手の部分は、ライバル車と比較するとどうしても劣っている部分があり、大衆受けする車ではないかもしれませんが、「デザイン」、「走行性能」の部分に、デメリット以上の魅力を感じるかどうか。ですね。


デリカD5購入の前に

クルマを売るなら、一括査定を使わないともったいないです。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪




下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク


デリカD5関連記事

kurucomi.hatenablog.com