クルマのクチコミ

車の値引き、口コミ、評判、長所、短所、メリット、デメリットを詳しく紹介します

>>あなたの愛車、今いくら?最短30秒で完了!無料査定

【ダイハツキャスト 欠点/不満/短所/長所/後悔/メリット/デメリット】狭い、値段が高い、デザインがおしゃれ、乗り心地が良い、など。うるさい、乗り心地が悪いのか?

スポンサーリンク


2022年5月14日更新

おしゃれなデザインで人気を集めている、ダイハツ・キャスト。


キャストには、どんな欠点、長所があるのでしょうか。


ここでは、ダイハツキャストの欠点、短所、長所、口コミ評判を中心に紹介します。


キャスト購入の参考にしてもらえればと思います。

キャストの欠点、短所、デメリット、悪いところ

キャストの欠点その1:室内が狭い

キャストは、ムーヴよりもミライースに近い広さの車で、室内は決して広くはありません。


【キャストの室内寸法】
室内長2,005mm✕室内幅1,320mm✕室内高1,245mm


【ムーヴの室内寸法】
室内長2,080mm✕室内幅1,320mm✕室内長1,280mm


【ミライースの室内寸法】
室内長2,025mm✕室内幅1,345mm✕室内高1,240mm



どちらかというと、小柄な女性向けの車です。


シートアレンジは豊富なので、体格的に狭いと感じなければ、使い勝手は悪くありません。

スポンサーリンク



キャストの欠点その2:インテリアの個性がない

キャストは、個性あるエクステリアが人気の車ですが、インテリアは個性がありません。


特別安っぽいというわけでもありませんが、良く言えば普通、悪く言えば没個性です。


キャストの欠点その3:燃費が悪い

キャストのカタログ燃費は30km/Lと、より広いムーヴ(31km/L)よりも燃費が悪いです。


30km/Lといえば、絶対的な数値は悪いわけではありませんが、ムーヴよりも悪いので、印象としては、あまり良い印象はありません。


実燃費は、NA車が20km/L程度、ターボ車が18km/L程度と、ムーヴと同程度であるようです。


<追記>
より実燃費に近いWLTCモード燃費が公表されましたが、こちらは、キャストが21.0km/L、ムーヴが20.7km/Lと、キャストが若干上回っています。


キャストの欠点その4:値段が高い

キャストは、ムーヴよりも高く、タントと同じくらいの価格設定となっています。


キャスト・・・131万4,500円~161万1,500円

ムーヴ・・・113万5,200円~137万5,000円

タント・・・124万3,000円~166万6,500円



キャストはデザインに凝った車ということで、実質カスタム系だと考えれば、納得のいく価格帯でもあります。


ムーヴカスタム・・・151万8,000円~165万5,500円

タントカスタム・・・172万1,500円~190万3,000円


キャストの欠点その5:もうすぐ販売終了するかもしれない

キャストは、発売当初は、「キャストスタイル」「キャストアクティバ」「キャストスポーツ」の3タイプが設定されていましたが、今ではキャストスタイルのみになりました。


元々は、キャストアクティバはハスラーの対抗馬、キャストスポーツはアルトワークス(アルトターボRS)の対抗馬として投入されましたが、それほど販売台数が伸びずに廃止されたようです。


今でも、キャストスタイルのみが販売されていますが、最近は販売台数が減少傾向で、もうすぐ販売終了するかもしれない。といわれています。


販売終了となると、売るときのリセールバリューが低下するといったデメリットがあります。


キャストの欠点その6:サイド&カーテンエアバッグの設定がない

キャストには、「プライムセレクション」にのみサイドエアバッグが設定されており、それ以外のグレードにはオプションでも設定されていません。


カーテンエアバッグは、全グレードに設定されていません。


サイド&カーテンエアバッグは、側面衝突時の被害の軽減に大きな役割を果たすので、オプションでも良いので設定しておいてほしいものです。

スポンサーリンク



キャストの長所、メリット、良いところ

キャストの長所その1:おしゃれなデザイン

キャストは、おしゃれなデザインが高く評価されています。



かつて、キャストには、スタイル、アクティバ、スポーツの3タイプが設定されていましたが、デザイン性に優れたスタイルだけが残っています。


キャストの長所その2:充実した先進機能

キャストには、スマートアシストⅢに加え、パノラマモニターなど、先進機能が充実しています。


スマートアシストⅢの機能は、以下のとおりです。

・衝突警報機能
・衝突回避支援ブレーキ機能
・車線逸脱警報機能
・誤発進抑制制御機能
・先行車発進お知らせ機能
・オートハイビーム


突出して優れているわけではありませんが、基本的な安全装備は揃っています。


<追記>
発売から期間が経ち、他の車と比べて、安全機能の充実が長所とも言えなくなってきたかな。と感じます。


キャストの長所その3:乗り心地が良い

キャストの乗り心地は意外と良く、段差を超えたときの衝撃もうまく抑えられており、高さが低いので、カーブを曲がるときの安定性も、軽自動車にしては高いです。


段差を超えたときの衝撃はムーヴと同等、カーブを曲がるときの安定性は、ムーヴよりも高く感じます。


ミライースは、格安なエントリーモデルということもあり、段差を超えるときの突き上げやエンジン音が気になりますが、キャストの快適性は高いレベルにあります。


ダイハツキャストは、うるさい、乗り心地が悪いのか?

ダイハツキャストと検索すると、「うるさい」「乗り心地が悪い」というフレーズが一緒に出てきます。


音や乗り心地について気にしている方が多いのだと思いますが、乗り心地に関しては、先程の項目で紹介したとおり、ムーヴと同等~少し良いくらいに感じます。


音に関しては、アクセルを踏み込んだ時は気になりますが、巡航中は特別うるさいということはなく、静粛性もムーヴと同程度であると感じます。


ですから、キャストが特別うるさかったり、乗り心地が悪い。ということはありません。


まとめ

キャストは、デザイン重視の軽自動車です。


単純にコストパフォーマンスだけを考えるなら、ムーヴやミライースの方が優れていますが、おしゃれなデザインにいくら出せるか。ですね。


キャストの長所、欠点をよく理解して、後悔のないようにしたいですね♪


キャスト購入の前に

クルマを売るなら、一括査定を使わないともったいないです。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪


下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

一括査定について詳しくはこちらで解説しています。不安な方は一度読んでみて❗

スポンサーリンク