クルマのクチコミ

車の値引き、口コミ、評判、長所、短所、メリット、デメリットを詳しく紹介します

>>あなたの愛車、今いくら?最短30秒で完了!無料査定

2022年 新型ノア、新型ヴォクシー おすすめオプション、人気オプションを紹介。ユニバーサルステップ、快適利便パッケージ、アドバンストパークなど

スポンサーリンク


新型ノア、新型ヴォクシーには、トヨタ初となる画期的なオプションが、多数採用されています。


何をつければ良いのか、迷っている方も多いのではないでしょうか。


ここでは、新型ノア、新型ヴォクシーのおすすめオプション、人気オプションを紹介します。


新型ノア、新型ヴォクシーのオプション選びの参考になればと思います。

おすすめオプション1:ユニバーサルステップ

ユニバーサルステップとは、ドアの開閉に合わせて、地面から200mmの位置に出てくるステップのことです。


小さなお子さんや、お年寄りが乗り降りする場合におすすめのオプションです。


ユニバーサルステップは、全グレードに33,000円で装着することができます。

スポンサーリンク



おすすめオプション2:ブラインドスポットモニター+安心降車アシスト


ブラインドスポットモニターとは、ドアミラーで確認しづらい後側方の死角に車がいる時、ドアミラー内のインジケーターで知らせる機能です。


安心降車アシストとは、後方から車が接近している時にパワースライドドアを開けようとした時に、ドアの開放を中止したり、音声や表示で警告してくれる機能です。


車線変更に自信のない方や、小さなお子さんが後方確認をせず飛び出してしまうかも。という不安がある方におすすめのオプションです。


ブラインドスポットモニター+安心降車アシストは、Xグレード以外に、134,200円で装着することができます。


おすすめオプション3:快適利便パッケージ

快適利便パッケージは、Highと、Midに分かれています。

快適利便パッケージ(High)

快適利便パッケージ(High)は、以下のオプションのパッケージです。

・ハンズフリーデュアルパワースライドドア
・パワーバックドア
・ナノイーX
・ステアリングヒーター
・キャプテンシート追加機能(シートヒーター、オットマン、角度調整付アームレスト)


ハンズフリーデュアルパワースライドドアとは、車体の下に足を入れるだけでスライドドアが自動で開閉する機能です。


パワーバックドアは、車体側面にあるスイッチを押すと自動でトランクが開閉する機能です。


快適利便パッケージ(High)は、Z、S-Zグレードに装着することができます。

ガソリン車FF・・・151,800円
ガソリン車4WD・・・129,800円
ハイブリッド車FF・・・148,500円
ハイブリッド車4WD・・・126,500円


新型ノア、新型ヴォクシーに、ステアリングヒーターをつけようと思ったら、Z、S-Zグレードに、快適利便パッケージ(High)をつけるしかありません。


快適利便パッケージ(Mid)

快適利便パッケージ(Mid)は、以下のオプションのパッケージです。

・ハンズフリーデュアルパワースライドドア
・ナノイーX
・左右独立温度コントロールフロントオートエアコン
・快適温熱シート(運転席、助手席)
・独立型センターコンソールボックス


快適利便パッケージ(High)とは違い、パワーバックドアや、ステアリングヒーターはつきません。


快適利便パッケージ(Mid)は、G、S-Gグレードに装着することができます。

ガソリン車・・・178,200円
ハイブリッド車・・・178,200円

スポンサーリンク



おすすめオプション4:ディスプレイオーディオ

新型ノア、Xグレードには、ディスプレイオーディオがついていません。


オプションで、85,800円で、8インチのディスプレイオーディオをつけることができます。


ディスプレイオーディオをつけると、コネクティッドナビ機能も一緒についてくるので、社外品のナビをつけるよりは、こちらを付けた方がコスパが良いと思います。


Gグレード以上には、ディスプレイオーディオは標準装備です。


おすすめオプション5:アドバンストパーク(リモート機能付)


アドバンストパーク(リモート機能付)は、乗員は外に出た状態で、スマホで操作するだけで自動で駐車をしてくれる機能です。


駐車スペースの問題から、ノア、ヴォクシーサイズは厳しい。シエンタや軽自動車でないと、降りられない。という方も、この機能をつければ、ノア、ヴォクシーに乗ることができるかもしれません。


アドバンストパーク(リモート機能付)は、パーキングサポートブレーキとセットで、グレードによって、126,500円~143,000円で装着することができます。


パーキングサポートブレーキとは、踏み間違い防止装置のことです。


おすすめオプション6:ドライビングサポートパッケージ

ドライビングサポートパッケージは、カラーヘッドアップディスプレイと、デジタルインナーミラーのパッケージです。


デジタルインナーミラーとは、車両後部に設置したカメラの映像をルームミラーに映すことができる機能のことです。


多人数乗車が多い方や、大きな荷物を載せて後方の視界が遮られることが多い方におすすめのオプションです。


ドライビングサポートパッケージは、Zグレード、S-Zグレードに、99,000円で装着することができます。


おすすめオプション7:プロジェクター式LEDヘッドランプ

新型ノア、新型ヴォクシーのヘッドランプは、全グレードでLEDが標準装備となっています。


そんな中、Z、S-Zグレードだけ、オプションで、プロジェクター式LEDヘッドランプを選択することができます。


プロジェクター式LEDヘッドランプを選択すると、ヘッドライトがキリッとした三眼ヘッドランプになり、LEDデイライトもライン状に発光するようになります。


このオプションは、Zグレード、S-Zグレードでしか選択できないものなので、さりげなく、上級グレードであることをアピールすることができます。


プロジェクター式LEDヘッドランプ+LEDターンランプ+LEDクリアランスランプのオプションは、Zグレード、S-Zグレードに、62,700円で装着することができます。


今回紹介したオプションは、全て後付けできないメーカーオプション

今回紹介したオプションは、全てが、後付けできない、メーカーオプションです。


後から欲しいな。と思っても、後付けはできないので、予算の都合もあるでしょうが、迷ったら、できる限りつけておくことをおすすめします。


新型ノア、新型ヴォクシー購入の前に

クルマを売るなら、一括査定を使わないともったいないです。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪


下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分、希望のオプションをつけることができるかもしれません。

スポンサーリンク



新型ノア、新型ヴォクシーの関連記事

kurucomi.hatenablog.com

kurucomi.hatenablog.com

kurucomi.hatenablog.com